ブログ

ブログ

歯を抜いたら?

2017年04月27日 (木)

こんにちは。トリートメントコーディネーターの岡村です。

虫歯や歯周病で歯を抜かないといけなくなった場合、失った場所に歯を補う方法は入れ歯、ブリッジ、インプラント3つにわかれます。

それぞれメリットデメリットがあり、抜いた場所や状態、またその方の噛み合わせ、骨の状態などによっては避けた方がいい補い方もあります。

ただ1番危険なのは「1本なくなったけど別に咬めるしそのままでもいっか」と欠損部を放置しておくことです。
一時的には問題ないですが、放置すると隣の歯が倒れてきたり、かみ合わせの歯がのびてきて、周囲の歯までだめになってしまうケースがあります。

失った歯は戻りませんが、残ってる歯を守るためにも最善の方法で歯を補うことをおすすめします。

欠損部の歯の補い方などでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

スタッフブログ
2017.05.16
花粉症と虫歯

インプラント治療例集

審美歯科治療例集

症状別治療例集

スタッフ募集中

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

安岡デンタルオフィスはプロバスケットボールチーム西宮ストークスの公式スポンサー&ホームドクターに就任しました

アクセス
ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
^