歯科コラム

歯科コラム

「見えていたつもり」ではもう許されない!歯科医がマイクロスコープを使う理由

マイクロスコープ(歯科用の電子顕微鏡)の日本での普及率はわずか5%以下といわれています。しかし、その治療の正確さや実績から、日本国内の歯科医院でも取り入れるところが増えています。歯医者さんをも魅了するマイクロスコープの魅力とはどういったものなのでしょうか。

従来の歯科治療で歯医者さんを悩ませてきたのは……「隙間」問題だった!

従来の歯科治療で歯医者さんを悩ませてきたのは……「隙間」問題だった!

従来の肉眼での歯科治療は、歯科医の経験やカンに頼るところが大きく、歯医者さんたちを悩ませてきたある問題がありました。 それは、治療をした歯と詰め物・かぶせもののあいだにできてしまう、ほんの数ミリ単位での隙間です。マイクロスコープなしで治療した場合、肉眼では確認できないほどのほんのごくわずかな隙間から虫歯菌が侵入しせっかく詰め物やかぶせものを作っても、数年でだめになってしまうということがありました。歯科医の腕やカンに頼っているので、どんなに優秀な歯科医でもどうしても装置の精度が落ちてしまうのです。 一方、マイクロスコープは肉眼の20~30倍まで拡大が可能です。肉眼では見えないわずかな隙間もとらえることができるため、より歯にフィットした詰め物やかぶせものを作ることが可能で、虫歯菌の侵入もなく、治療の効果が長持ちするのです。

日本人の国民病、歯周病治療でもマイクロスコープが大活躍

30歳以上の日本人がかかっているといわれる歯周病の治療でも、マイクロスコープが活躍します。症状が進行した歯周病では、歯と歯ぐきの間の深い部分に歯石や歯周病菌の感染が発生します。この感染源を根絶するように治療しないと、歯周病は感知しません。しかし、肉眼だけでの治療は、深い部分の病巣まで確認することが難しく、治療しきれないこともあります。肉眼での確認が難しい細かな部分での感染も、マイクロスコープを使えば拡大して正確に把握できます。

精度の高い歯科治療に欠かせないマイクロスコープ

精度の高い歯科治療に欠かせないマイクロスコープ

このように、歯の隙間や影になっている部分、歯と歯ぐきの隙間など、歯科治療の患部となる部分は、細かくて複雑な造形をしていることが多いものです。しかし、「見えていたつもり」では、正確な治療ができません。 歯の根っこ(根管)治療も、肉眼での確認が難しい処置となりますが、歯科治療の先進国であるアメリカでは、根管治療の専門医にはマイクロスコープの治療が義務付けられているほどです。 このように、精度の高い治療を行うために、日本でもマイクロスコープの普及が進むことが期待されます。

 

■ 歯科コラム バックナンバー一覧
スタッフブログ
2017.07.6
七夕

吹田市江坂の歯医者,インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者,審美歯科治療例集

吹田市江坂の歯医者,症状別治療例集

吹田市江坂の歯医者,スタッフ募集

吹田市江坂の歯医者,歯科健康診査

吹田市江坂の歯医者,休日や夜間の対応

吹田市江坂の歯医者,西宮ストークス

歯科医院専売 モンダミンプロケア

質問コーナー
吹田市江坂の歯医者,ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
^