歯科コラム

歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

本当にすぐ噛めるの?インプラントの治療期間は?

インプラントとは、抜けた歯の代わりとなる人工の歯根を埋め込む施術のことです。基本的にインプラント施術自体は短期間で済みますが、治療そのものが完了するまでにはある程度の期間が必要になります。なぜなら、骨折と同様、埋め込んだインプラントが骨と結合するまでにはある程度の期間を要するからです。施術された方の骨量や骨質などにより、治療期間は左右しますので一概には言えませんが、一般的にインプラントの治療期間は6~24週間程度と言われています。

最近では短期間での治療プロセスも存在

インプラントとは?

即時機能インプラントという概念も最近では人気です。これは、インプラント手術をしたその日に固定式の歯を埋め込んでしまい、すぐに噛めるようになるというものです。具体的には、以下のような施術方法があります。 1. All-on-4 オールオンフォーという施術方法ですが、これは、全体的に歯の本数が少ない方に向けた歯科治療で、即時機能インプラントが適用できます。インプラント施術当日に歯を入れて、食事をすることができるようになります。 2. NobelGuide ノーベルガイドという施術方法で、コンピュータガイドシステムを使い、歯茎を切らず、小さな穴をあけてインプラントを挿入することで、すぐに歯を取り付けることが可能となりました。痛みの少なく、すぐに歯を入れることができます。

インプラントの種類いろいろ

インプラントの種類いろいろ

また、インプラントにはいくつかの種類があり、それぞれに欠点と利点があります。 1. ブレードタイプ 板状で幅が狭く、細い形状をしているので、比較的骨幅の狭い部分に対してもちいることが可能。インプラント本体の一部にのみ力が集中しやすく、破損が起きやすいなどのことから、現在はあまり使われていないようです。 2. スクリュータイプ ネジのような形をしたインプラントで、直径が先端に行くほど細くなっており、ブレードタイプに比べて埋め込む穴が小さくて済むことから治療期間(人工組織に馴染む期間)も比較的短くてすみます。 3. シリンダータイプ 筒状の形態をしており、スクリュータイプと同じぐらい埋め込む穴が小さいことから、施術によく使われています。 4. バスケットタイプ スクリュータイプに近い形状をしていますが、中が空洞になっており、インプラントの周囲を骨が取り囲むので、噛む力を効率的に伝えることができます。 主にこの4つですが、それぞれのインプラントの種類によって、施術で必要な時間が異なってきますので、すぐに噛みたい、治療期間を短くしたいと思っている方は、こういった知識を元に歯医者さんと相談することをお勧めします。安岡デンタルオフィスでも、相談お待ちしております!

 

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吹田市江坂の歯医者インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者審美歯科治療例集

吹田市江坂の歯医者症状別治療例集

吹田の歯科医院よくあるご質問

吹田市江坂の歯医者スタッフ募集

吹田市江坂の歯医者,歯科健康診査

吹田市江坂の歯医者休日や夜間の対応

吹田市江坂の歯医者西宮ストークス

吹田の歯科医院専用モンダミンプロケア

吹田の歯医者,歯科医院質問コーナー
吹田の歯医者,歯科医院のご予約
^ ページの先頭へ