歯科コラム

歯科コラム

唾液腺マッサージでドライマウスを改善!

口の中が渇いてしょうがない、すぐに水がほしくなって困っている、なんだか口がねばついて話しにくい……。このような悩みを抱えている方はいませんか?これらの悩みはすべて、ドライマウスの症状にあてはまります。「ドライマウス」という言葉をはじめて聞いたという方も、知ってはいたけれど特に対策などはしていないという方も、今回ご紹介するドライマウス改善対策を実践して、ぜひ「脱・ドライマウス」してくださいね。

ドライマウスを簡単に理解しておこう

ドライマウスを簡単に理解しておこう

ドライマウスの改善策を実践する前に、簡単にドライマウスとはどんなものかについて知っておくと良いですよ。どうして自分自身がドライマウスなのか、原因をつきとめる良い機会にもなります。 ■ドライマウスとは ドライマウスとは、その名の通り口の中が乾燥してしまう症状のことです。ただ単に口内が乾燥して不快であったり、ネバネバとして話しにくかったりするだけでなく、ドライマウスになるとお口の中の細菌が繁殖しやすい環境になります。口内の細菌が繁殖すると、口臭が気になったり、虫歯や歯周病発症の原因や病状の進行を早めたり、口内炎の悪化など様々な悪影響を及ぼします。 ■どうしてドライマウスになるの? ドライマウスは、口内の唾液の量が減ってしまうことでお口の中が乾燥して起こります。唾液量が減ってしまう原因には、喫煙やアルコール、コーヒーを飲むといった生活習慣であったり、薬の副作用であったり、シェーングレン症候群や糖尿病といった病気の症状であることもあります。他にも加齢が原因であることもありますし、口呼吸の癖がある方もドライマウスになりやすいです。

ドライマウスに効果的!唾液腺マッサージとは

口が渇いて不快でしょうがない!ネバネバして気持ちが悪い!という方は、唾液腺を刺激してより多く唾液を分泌させ、お口を潤わせる「唾液腺マッサージ」を日課にしてみてください。唾液の量を増やすことで、ドライマウスの改善はもちろん、気になる口臭にも効果が期待できます。 ■唾液腺とは 唾液腺は、唾液の分泌を調整しているところで、唾液腺から唾液がお口の中に出されています。この唾液腺を刺激してあげることで、唾液の分泌をうながすことができます。唾液腺はいくつかの箇所にわかれて存在しているのですが、主なものは「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」です。 耳下腺:耳の下部分の、耳と頬のさかい目あたりにある唾液腺です。 顎下腺:下あごのラインにそって、エラの下あたりに位置しています。 舌下腺:舌の付け根の下のあご部分にあります。唾液がでていると実感しやすい部分です。 ■唾液腺マッサージのやり方 「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」の主な唾液腺3つ、それぞれのマッサージ方法をご説明します。 <耳下腺のマッサージ> 耳の下部分の頬とのさかい目から頬骨の下、顎のラインを通ってまた頬とのさかい目というように、円を描くようにしてくるくると10~20回ほどマッサージをします。このとき、強く力を入れずにほぐすように、気持ち良いと感じるくらいの力加減でゆっくりと円を描きましょう。 <顎下腺のマッサージ> エラの下部分から指1本分くらいあご側からあごの先端の下部分に向かってゆびで押していきます。1回1回、あごの先端下に向かってツボを押すようにしてマッサージします。こちらも、10~20回程度行いましょう。 <舌下腺のマッサージ> ちょうど舌の付け根部分にあたるように下あごに親指の腹を押し当てます。舌の付け根部分を刺激することを意識して、親指の腹でぎゅーっと押すようにマッサージしましょう。10~20回が目安です。力を入れすぎないように注意しましょう。 <おまけ> 主な唾液腺3つのマッサージ方法をご紹介しましたが、この他に舌の運動でもドライマウスを改善することができます。方法としては、口を開けて、舌を前に突き出して、左右に10往復程度させましょう。舌の付け根が刺激されるので、唾液の分泌が多くなります。

マッサージの効果がいまいちの場合

マッサージの効果がいまいちの場合

唾液腺マッサージでドライマウスの改善がいまいち感じられない場合は、もしかすると口の渇きが病気の症状のひとつであったり、薬の副作用が原因かもしれません。他にも、歯やお口の病気ということも考えられます。唾液腺マッサージの他にもガムを噛む、食事の際は噛む回数を増やす、リラックスしてストレスを発散させるなどドライマウスを改善させる方法がいろいろとありますが、いろいろと並行してやっても改善されないという場合は、早急に歯医者さんで診察を受けましょう。お口の問題は口腔の専門である歯科医師に相談するのが一番です。もし医師からお口の問題はないと言われたら、内科や通院中の病院で他の病気や薬の副作用かどうかなどを確認しましょう。大きな病気がひそんでいることも十分にありえますから、たかがドライマウスと放っておいてはいけません。必ず歯科医師、その他医師に相談されてくださいね。

 

■ 歯科コラム バックナンバー一覧
スタッフブログ
2017.07.6
七夕

吹田市江坂の歯医者,インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者,審美歯科治療例集

吹田市江坂の歯医者,症状別治療例集

吹田市江坂の歯医者,スタッフ募集

吹田市江坂の歯医者,歯科健康診査

吹田市江坂の歯医者,休日や夜間の対応

吹田市江坂の歯医者,西宮ストークス

歯科医院専売 モンダミンプロケア

質問コーナー
吹田市江坂の歯医者,ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
^