歯科コラム

歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

インプラントと部分入れ歯の違いとそれぞれの長所・短所

皆さんは、「部分入れ歯」や「インプラント」というと、どのような印象をお持ちでしょうか?「部分入れ歯」というと、硬いものは食べられないのでは?とか「インプラント」については、ちょっと値段が高い新しい治療法なんじゃないかな?…などといった印象をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 今回は、この部分入れ歯とインプラントの違いを色々とご説明いたします。

部分入れ歯の長所

部分入れ歯の長所

まず、部分入れ歯の治療法はどのようなものかというと、いくつかの種類がありますが、1本以上自分の歯が残っている場合に、残った歯にバネと呼ばれるもので人工の歯に引っ掛けて失った歯を補う方法です。 長所としては、第一に、取り外しのできることでしょう。ですので、毎日洗浄して清潔に保つこともできますし、違和感があったときは外科手術の必要がないので何回でも調整することが可能です。また、比較的治療期間が短く、保険適応のものであれば費用が安く済むということも挙げられます。

噛む力は天然の歯の約3割から4割

短所については、やはり噛む力が弱くなってしまうことです。健康な歯と比べて大体3、4割の力しか入らないと言われているので、硬いものを上手く噛めなくなってしまいます。また、バネをかける両隣の歯に負担がかかることも挙げられます。自分の口に馴染むまでに、痛みや違和感を感じたりすることもあるので、部分入れ歯を入れてもすぐにいつも通りの食事をすることは難しいでしょう。

インプラントの長所

インプラントの長所

インプラントの治療法は、簡単にいうと、歯茎に人工の歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせる方法です。入れ歯とは違い人工歯を埋め込んで固定するので、違和感は少なく、がたついたり、予期しないタイミングに人前でとれてしまうといった心配もいりません。そして、審美性に優れています。 入れ歯では解決できなかった噛む力については、天然の歯とほとんど変わらない状態まで回復させることができます。

外科手術が必要になる

上記の通り、インプラントは人工の歯根を埋め込むために口の中を切る外科手術を行うので、リスクを伴います。ですので、誰でも受けられるというものではなく、糖尿病などの持病がある場合はインプラント治療ができないこともあります。費用は保険適応外の自由診療になるので、歯科医院によって治療費が異なります。そのため、安さだけで選ぶことは絶対におすすめできません。入れ歯とは違い、何度もやり直して調整するということもできませんので、事前の検査の精度や歯医者さんの説明が納得できるものなのかどうかも重要です。また、インプラントは術後のメンテナンスについても定期的な検診が必要ですので、その点も怠らずに行わなければなりません。

 

■ 歯科コラム バックナンバー一覧
スタッフブログ
吹田の歯科医院
2017.08.30
唾液について

吹田市江坂の歯医者インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者審美歯科治療例集

吹田市江坂の歯医者症状別治療例集

吹田の歯科医院よくあるご質問

吹田市江坂の歯医者スタッフ募集

吹田市江坂の歯医者,歯科健康診査

吹田市江坂の歯医者休日や夜間の対応

吹田市江坂の歯医者西宮ストークス

吹田の歯科医院専用モンダミンプロケア

吹田の歯医者,歯科医院質問コーナー
吹田の歯医者,歯科医院のご予約
^