診療案内

より正確な診断と、より安全な治療をするために。

顎関節症の治療歯科用CT

歯科医療において日常的に歯や顎骨などの硬組織に対する診査・診断に際しては、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきました。これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。
近年歯科用CT(Computed Tomography)装置の発達で3次元的に診査・診断出来るようになり十分診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に診断出来るようになりました。
CTでの診査・診断はインプラント治療のみならず歯内療法、歯周病、親知らず、顎関節症等に威力を発揮します。

顎関節症の病院歯科用CT

【短い撮影時間】
一般CTとは異なり、患者様は横にならず座ったままで気軽に撮影できます。
また、撮影装置の狭い空間に頭を入れるということもありません。

【撮影領域】
全顎を1枚で撮影できます。
そのデータから任意方向からのCTの断面画像を得ることができ、また立体画像としても表示することが可能です。

【撮影領域】
スピーディーな撮影時間と日常生活の約3分の1という被ばく量の少なさが特徴の歯科専用CTです。

顎関節症の治療歯科用CT

顎関節症の病院歯科用CT

骨の断面画像を撮影し、治療の計画をたてます

インプラント治療のみならず、歯内療法、歯周病、親知らずなどの診断に非常に有効な歯科用CT。

顎関節症の原因2次元診断

顎関節症の病院歯科用CTによる3次元診断

安全なインプラント治療を行うためのCT診断

患者様に安心してインプラント治療を受けて頂くためには、骨の状態を三次元的に撮影できるCTレントゲン撮影機の存在が不可欠です。

CT診断を行わないでインプラントを骨に埋入することは医療事故を招きかねないからです。
顎の骨の中には神経や血管が通っています。神経や血管を傷つけることのないよう、CT診断をしっかりと行い、顎の骨や周辺組織の状態を正確に把握しておくことが非常に大切なのです。
もちろん顎の骨の量が不足していればインプラントを埋め込むこともできません。CT診断を行わないでインプラントを埋入すれば、手術中に骨の量が不足していることに気付き、インプラント手術を途中で断念せざるを得ないようなこともあり得るのです。CT診断を行わないでインプラントを埋入することは、患者様にとって非常にリスクがあるのです。

【院内歯科用CTのメリット】

  1. 放射線量の低減
  2. 短時間の撮影
  3. 撮影後の早期の画像処理・診査・診断
  4. 大学病院・大型総合病院などのCTがある施設まで通っていただく必要がない
  5. 医科用の大型タイプより圧迫感がなく、座ったまま気軽に撮影可能
  6. トラブルへの即時対応が可能(術中の経過診査・観察など)
コンピュータシミュレーションソフトのノーベルガイド
顎関節症の原因ノーベルガイド
ノーベルガイドは、プロセラ・ソフトウェアを利用し、インプラントの治療計画から埋入までの一連の歯科インプラント治療をより安全で正確に行うための臨床応用システムです。
患者様のCTスキャンデータをもとに非常に精度の高いサージカルテンプレートが作製でき、より安全性に優れたインプラント埋入を可能にします。
このサージカルテンプレートとノーベルガイド専用外科キットを使用したガイディッド・サージェリーは低侵襲性のフラップレス術式を可能にし、患者負担を軽減します。また、事前に補綴物を作製することができるため、患者はインプラントを埋入した日に新しく機能する歯を手に入れることができます。

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、最新技術や治療機器、滅菌など患者さんに最高の治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

吹田市江坂の歯医者インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者インプラント治療例集

吹田市江坂の歯医者審美歯科治療例集

吹田市江坂の歯医者症状別治療例集

吹田の歯科医院よくあるご質問

吹田市江坂の歯医者スタッフ募集

吹田市江坂の歯医者,歯科健康診査

吹田市江坂の歯医者休日や夜間の対応

吹田市江坂の歯医者西宮ストークス

吹田の歯科医院専用モンダミンプロケア

吹田の歯医者,歯科医院質問コーナー
吹田の歯医者,歯科医院のご予約
^ ページの先頭へ