お役立ちコラム
お役立ちエリア情報

吹田市で歯間ケアグッズをほぼ毎日使っている人は2割のみ!歯間ケアの重要性と選び方

吹田市は大阪の北部に位置します。1970年には大阪万博が開催されており、日本でも比較的有名な市町村です。吹田市で生活をする人はとても多くいますが、実は吹田市民は歯周ケアをしていない人がたくさんいると言われています。
今回は、吹田市で歯周ケアグッズを使用している人の割合や、歯間清掃の必要性と歯間清掃グッズについてご紹介します。

吹田市で歯間グッズを使用している人の割合

吹田市で歯間グッズを使用している人の割合

歯周ケアに歯間ブラシはとても重要な歯周ケアグッズです。しかし、吹田市に住む人で歯間をお掃除できる歯周ケアグッズを使用している人は26.8%です。つまり、約2割の人しか日頃から歯間ブラシなどを使用していない計算になります。
また、週に数回使用している人は9.3%で、週に1回以上使用している人は、毎日使っている人の割合と合わせて、3割程度になります。吹田市に住む人の中には、思いついた時に歯周ケアグッズを使用している人がいます。その割合は25.9%です。
1番割合が多かったのが、歯周ケアグッズを使用していない人で、その割合は34.4%なのです。

吹田市の歯科検診状況について

お口の健康を守るためにも歯科検診は必要です。安岡デンタルオフィスでも歯科検診を実施しています。吹田市で歯科検診を定期的に受けている人は比較的多いです。
青年期の人で、1年に1回以上歯科検診を利用している人は45.3%。また、2〜3年に一度健診している人は25.3%でした。
成年期は、他のライフステージに比べて歯科検診を受けている人がもっとも少ないです。1年に1回以上健診を受けている成年男女は30.5%でした。また、3年以内に1度受けている方は36.4%です。
中年期は青年期よりも1年に1回以上健診を受ける人が多く、45.9%という結果になりました。中年期よりも歯科検診を受ける人が多かったライフステージは高年期です。
なんと高年期は50.4%で、5割を上回る結果となりました。吹田市の多くの高齢者が自分のお口の健康を維持しようと努力していることが伺えます。

かかりつけ歯科医がもっともいないライフステージは幼児期

かかりつけの歯科医がいるとお口の健康を維持しやすいです。吹田市でかかりつけの歯科医があると答えた小学生と中学生の割合は8割を上回りました。一方、幼児期でかかりつけの歯科医がいないと答えた人は約4割です。

口腔機能向上が誤嚥性肺炎予防 に効果があることを知らない吹田市の住民は多い

口腔機能向上が誤嚥性肺炎予防 に効果があることを知らない吹田市の住民は多い

口腔機能を向上させることで、誤嚥性肺炎になるリスクは少なくなることをご存知でしょうか。
誤嚥性肺炎は高齢者がなる割合が多いです。
ひどい場合は死に至るケースもあります。
調査の結果、吹田市にお住まいの市民のみなさまの中で、口腔機能向上が誤嚥性肺炎予防につながる、という事実を知らなかった方の割合がなんと5割を超えてしまいました。
そのため、この事実が十分に認知されていない、という結果となりました。

歯間清掃の必要性について

吹田市民で歯間清掃をしている人は少ないですが、お口の中を健康的に維持するためには必要です。必要性の1つはブラッシングで取り除けない食べカスを除去できることです。
正しい方法でブラッシングをすれば多くの歯垢を除去できますが、どうしても磨き残しが発生することがあります。磨き残しで食べカスがお口の中に残った状態になります。また、お口の中で細菌が繁殖しやすい環境になるので、歯周病になったり、口臭がきつくなったりすることもあります。
歯間清掃をすればブラッシングをした後の磨き残しをカバーできるので、歯間もしっかりと掃除することをおすすめします。

おすすめの歯間清掃グッズ

歯間清掃グッズはたくさんありますが、今回は吹田市の住民におすすめできるタイプを紹介します。

L型歯間ブラシ

L型歯間ブラシは前歯など比較的手が届きやすい場所だけでなく、奥歯の歯間の清掃もできます。特に奥歯は磨き残しが起こりやすく、歯周病や虫歯になりやすい場所です。L型歯間ブラシがあれば、奥歯の歯周病予防も可能です。

I型歯間ブラシ


I型歯間ブラシは曲げられるので、お掃除したい箇所に合わせてアレンジができます。曲げることで奥歯の歯間まで届かせられるので、おすすめです。

歯間ブラシを生活に取り入れましょう

歯間ブラシを生活に取り入れましょう

安岡デンタルオフィスでは、歯間ブラシを取り入れることを推奨しています。ただ、歯間ブラシには数多くの種類がありますので、自分に合った適切なものを選びましょう。選び方を間違えると歯茎を傷つけてしまう可能性があるからです。
選ぶ時にはサイズを検討します。小さいものから大きなサイズまであり、歯間の隙間に合わせて選択します。
歯間ブラシでの清掃は1日に1回以上行うことを推奨します。ブラッシングをする度に毎回する必要はありませんが、1日1回の清掃を心がけましょう。

まとめ

吹田市では歯間ケアをしていない人が多いです。また、歯科検診を利用しない人もいます。もし、かかりつけの歯科医がいない方は、ぜひ吹田市の安岡デンタルオフィスにご相談ください。

 

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ