お役立ちコラム

かわいいミニカバと会える「NIFREL」カバの歯は伸び続けるって本当!?

2018.05.19
大阪府吹田市の新たなレジャースポットとして大人気の「NIFREL」は、新しいコンセプトのもと水族館・動物園・美術館・博物館などのあらゆるテイストを楽しめる施設です。施設内でも特に人気で珍しいミニカバ「フルフル」についてご紹介するとともに、カバと歯の関係性やカバの意外な特徴について解説します。

新感覚の体感型施設「NIFREL」

新感覚の体感型施設「NIFREL」

大阪府吹田市にて2015年にオープンした「NIFREL」は、「感性にふれる」をコンセプトとした新感覚の施設です。水族館を主体とし、動物園と美術館、博物館のテイストを織り交ぜた独特の展示方法は、老若男女問わず楽しめる作りとなっています。
「NIFREL」は大阪で大人気の水族館「海遊館」と運営元を共にしており、展示方法の独自性やコンセプトを意識したプロモーションは海遊館の成功を基盤としたものです。
エキスポランドの跡地を利用して作られた複合商業施設「EXPOCITY」の施設のひとつとなっており、吹田市の新たなレジャースポットとして家族連れを中心に人気を集めています。
「NIFREL」施設内は7つのゾーンに分かれており、「いろ」、「わざ」、「すがた」などのキーワードとともに動物たちの生態系や美しさを見て学ぶことができます。

「NIFREL」で大人気のミニカバ「フルフル」

「NIFREL」では一風変わった動物との出会いを楽しむことができます。そのなかでも大人気の動物が、ミニカバです。ミニカバとは、オカピやジャイアントパンダと並ぶ世界三大珍獣のひとつとして知られる絶滅危惧種指定の動物です。カバの3分の1程度のサイズと、可愛らしい動きが魅力的で、「NIFREL」ではこのミニカバを迎え入れるためにさまざまな紆余曲折を経て展示に至りました。
全国でも「NIFREL」のミニカバは非常に有名で、ミニカバを見るために「NIFREL」に足を運ぶ来場者も多いようです。オスの「モトモト」が人気を集めていましたが、2017年5月にはメスのミニカバが仲間に加わり、来場者から応募されたネーミング募集のなかから「フルフル」という名前がつけられました。

カバの歯は強い!カバが歯磨きをする理由

カバは歯科医院のアイコンとしてもよく使われる動物ですが、どうして歯との関連性が強いかご存知ですか?実はカバの歯は、伸び続けるという特徴があるのです。野生のカバは伸び続けた歯によって顎を突き破ってしまうこともあるほどで、動物園にいるカバは歯を定期的にカットしています。
また、カバはその長い牙が見える大きな口を開けたフォルムが印象的です。カバの口は約150度も開くことが可能で、カバのように大きな口を開けて歯磨きをするなどのたとえとして歯のケアの際に引用されることが多いのも納得します。
動物園のカバはこうした口を大きく開けるための訓練として、歯磨きをさせられています。野生のカバと比べて食べるものが柔らかいため、歯の汚れがとれづらいということも起因していますが、人間に触れられることに慣れさせることをふまえた歯磨きを習慣づけられているのです。野生のカバは当然ながら歯磨きをする必要性はありません。また、野生のカバは大きな口を開けて牙を見せることで相手を威嚇することもできますし、肉食動物であるワニなどに噛みつくシーンも確認されています。優しそうなカバですが、意外と野生のカバは強い生き物なのです。

カバと人間の歯のケアは似て非なるもの

カバと人間の歯のケアは似て非なるもの

カバの歯についてご紹介しましたが、食べ物と歯の関係性や、歯磨きの必要性については人間も当てはまる部分があります。人間もできる限り硬いものを噛む習慣をつけることで、自然に歯の汚れが落ちる効果があるため、柔らかい食べ物ばかりを好んで食べていると歯の汚れがたまりやすくなる側面もあります。
一方、カバのように全ての歯がはっきりと見えるような口を開くことのできない人間にとって、奥歯までしっかりと磨くことは難しいです。鏡の角度などを調整することで奥まで見ながら歯磨きをするか、口の開き方の工夫をしながら奥歯まで歯磨きがきちんと当たるように意識して歯磨きをすることが重要です。
カバは歯磨きの象徴としてさまざまな商品や歯科医院などでアイコン化されており、しっかりと全ての歯を見ながらケアすることを私たちに思い出させてくれます。カバの口を真似ることは難しいですが、私たちの口ができる範囲で一つひとつの歯をケアできるよう工夫することが大切です。
適切な歯磨きの方法については、安岡デンタルオフィスで注力している予防歯科で丁寧な指導を受けることができるとともに、それぞれの歯にあわせた適切なプランをご提案しています。

まとめ

「NIFREL」で大人気のミニカバをはじめとし、カバは大きな口を開けて歯を磨く象徴として親しまれています。「NIFREL」でミニカバのフルフルを楽しむとともに、自身の歯磨きについて適切な処置ができているか改めて考えてみるのも良い機会かもしれません。
また、日々の歯磨きでどのようなことを注意すべきか知りたい人は、お気軽に安岡デンタルオフィスにご相談ください。虫歯になってから来院するのではなく、健康な歯をより長く維持するための場所としてご来院いただければ、個々の歯に応じた計画的なケアを実現することができます。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ