ブログ

歯磨きが好きな子どもになるためには?

2019年02月26日 (火)

 

安岡デンタルオフィス キッズルーム
保育士の岩見です。

キッズルームをご利用の患者様からご相談をいただくなかで1番多いお悩みが、

『子どもが仕上げ磨きを嫌がるのですが
どうしたらいいでしょうか?』
というもの。

今回は意外と見落としがちかもしれない点についていくつかお話したいと思います。

point1
【仕上げ磨き用のハブラシを使う】

お子様のハブラシとは別に、大人が使う仕上げ磨き用のハブラシがあることを皆さまご存知でしょうか?
お子様が磨いたハブラシでそのまま仕上げも磨くという方も少なくないのではないでしょうか。

お子様が自分で磨くという気持ちと行動は、
これからの歯磨き練習や自立へと繋がり、とても大切なことです。

まず子ども自身で磨いてもらう時間を作る。
→頃合いを見て、仕上げ磨きに移る

★この仕上げ磨き中、子どもに自分のハブラシを持っておいてもらいましょう★

↑ここ、大切です!◎

不器用だとしても、自分で磨けたことをぜひ褒めてあげてくださいね。

また一所懸命、歯磨きをがんばったところで、いきなり歯ブラシを取り上げられたら、

『え、どうしてわたし(ぼく)のハブラシ取っちゃうの?』と戸惑ったり、
抵抗や反発心に繋がるケースも。

大人でも歯磨き中、もしも誰かにいきなりハブラシを取られたら『え?なぜ?』と、戸惑いますよね。
きっとお子様も同じです。

そんな中でお口にハブラシを入れられたら?

イヤイヤ〜とお口もギュッと頑なになってしまうかもしれません。

お子様には好きな柄や好きな色など、
本人が持ちやすくて、お気に入りのものを与えてみましょう。

大人が持つ仕上げ磨き用の歯ブラシは、ブラシの部分がコンパクトで、柄の長いものがおすすめですよ。
(当院にもお取扱中です。詳しくはスタッフまで)

 
point2
【仰向けで仕上げ磨きをする】
 
『仕上げをしようね』などと声をかけて、
お膝の上に仰向けの状態で仕上げ磨きをしましょう。

このとき、歯磨きの曲をかけたり歌ったりしながら楽しい雰囲気で磨くのもポイント。

♪はみがきじょうずかな の曲は、磨く順がわかりやすく磨き忘れ対策にもおすすめです。

そもそも仰向けにならないんですうちの子…!
という場合は、
歯磨き以外のときに普段から膝に仰向けでゴロンとさせてあげ、頬っぺを指でちょんちょんと触ってあげたりスキンシップをしたりして、この体勢に慣れてもらいましょう。

親子のふれあい遊びにもなりますし、きっと歯磨きのときでも、仰向けになってくれる日が来ますよ。
 
point3
【息のタイミング、合っていますか?】

子どもが口を開けた瞬間がチャンス、ハブラシを入れてそのまま勢いで、ガーッと磨ききる!!
という方がついつい多いようなのですが、
これでは小さなお子様にとって息がしづらかったり、苦しくて嫌がったりと、口を閉じるきっかけとなります。

仕上げ磨きのときは
お子様の年齢+2秒を数えて
お口から1回ずつハブラシを出してみましょう。

息継ぎをさせてあげつつ、

鉛筆もちで、軽い力で細かくハブラシを動かしましょう。

大人は磨こうと真剣になりすぎて、怖い顔になったり力んでしまいがちですが、まずは磨く側がリラックスして、“無理強いをしないこと。”

 
歯磨きを好きになってもらうことが大切なので、どうしても嫌がる時は、次はがんばろうねと声をかけて、たまにはできないときがあっても大丈夫です。
 
(そんなときは最後にお水かお茶を飲ませてあげてください)
 
毎日長い時間磨けなくても、少しずつで大丈夫なので続けてみましょう。
 
長くなりましたが、
このようなポイントを意識しつつ、ご家庭でもできることから試してみてくださいね。
 
診療チェアに座れる年齢になったら、歯科衛生士さんからの歯磨き指導を受けることもできますので、ご希望の方はスタッフまでお声がけください。
吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る