ブログ

歯の治療中断の危険性

2019年08月20日 (火)

こんにちは。

安岡デンタルオフィストリートメントコーディネーターの岡村です。

 

歯の治療中にどうしても面倒くさくなってしまったり、お仕事が忙しくて後回しにしているうちに気づけば1年たっていたなんてご経験はないでしょうか。

痛みがなくなっても歯の治療中に放置してしまうことにはかなりのリスクがございます。

例えば歯が痛くなって歯医者さんに駆け込んで神経を取る治療をした後、痛みが治まったので放置してしまった場合、そのまま歯感染が進みまた痛みがでたり、仮ブタの状態なので強度にかけるため歯が割れてしまったり、根が腐ってしまったりして治療をしっかりしておけばせっかく残せる予定だった歯も抜歯が必要になってしまうこともあるんです。

私自身も高校生のころに被せ物の取れた歯を痛みがないからと放置してしまい大変な目にあったことがあります。

治療の中断はご自身の歯の寿命を自ら縮めてしまう自殺行為ですので回数がかかって面倒ではありますが最後まで頑張って通院されることをオススメします

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る