歯科コラム
歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

口の乾きでトラブルも・・・!今すぐできる日常で出来る対処法は?

口の中は唾液で潤っているのが健康で通常の状態といえます。しかし、口の渇きがきになることもありますよね?ストレスや緊張などによって唾液は減少してしまうので、口内が乾いた状態になってしまうのです。口の渇きはさまざまなトラブルの原因になります。今回はすぐできる対処法についてお話しいたします。

口の渇きがこんなトラブルに

口の渇きがこんなトラブルに

口が渇いていることは、理想的な状態ではないためさまざまなトラブルにつながることもあります。

■食事が飲み込みにくくなる
食べ物と唾液が混ざることで飲み込みやすくなりますが、唾液が十分でないと食べにくくなってしまいます。

■口内に汚れがたまりやすくなる
口内の汚れは唾液によって流されますが、唾液が少なくなると汚れが流れにくくなりたまってしまいます。

■味覚障害が起こる
舌にある味覚神経に汚れがたまると、味覚に支障がでてしまいます。

■虫歯になりやすい
汚れがたまりやすくなることで、虫歯になりやすくなってしまいます。
口の渇きは、唾液の分泌量が少なくなることによるものです。唾液の働きが悪くなると、口内に汚れが停滞してしまい味が感じにくくなったり、虫歯のリスクも高くなってしまうのです。

今すぐできる対処法

■室内が乾燥しすぎないように湿度に気をつける
室内が乾燥していると、鼻が乾いて口呼吸になってしまいます。外出時は定期的に水を飲むようにしましょう。

■ガムやあめ、酸っぱいもので唾液の分泌を増やす
レモンや梅干しなどは見ただけで唾液が分泌されるかもしれません。ガムを噛むことで口の周りの筋肉が鍛えられ唾液の分泌を促すことにもなります。

■入れ歯のチェック
入れ歯や詰め物があっていない場合、きちんと噛むことできていないことにより唾液の分泌が減っているかもしれません。違和感があれば歯医者さんにチェックしてもらいましょう。

■唾液腺のマッサージ
エラの内側からフェイスラインに沿って唾液腺をマッサージすると唾液の分泌に効果的です。

いつまでも改善しないようなら安岡デンタルへ

いつまでも改善しないようなら安岡デンタルへ

口の渇きは、口内の保湿や清掃などに気をつけることで改善することが出来ることもあります。水を飲んで解消される場合や一時的な症状の場合は心配ありませんが、長期間口の渇きが気になるようであれば、安岡デンタルを受診してみてください。口の渇きは、糖尿病、脳卒中や脳梗塞、シェーグレン症候群などの病気によるものの可能性が否定できません。安岡デンタルは、患者様一人一人にあった対処法やセルフケアについてご説明いたします。

 

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ