歯科コラム

歯の詰め物や被せ物が取れた!考えられる原因は?

歯科医院で虫歯治療を行ったにも関わらず、詰め物や被せ物が取れてしまったという経験をされた方は多いのではないでしょうか?歯の詰め物や被せ物が取れる原因として考えられることはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、歯の詰め物や被せものが取れる原因について安岡デンタルがご紹介したいと思います。

セメントの劣化

セメントの劣化

歯科医院で虫歯治療を行う際は、様々な素材の詰め物や被せ物を使用します。保険診療で行う治療において使用される詰め物の多くは、メタルインレーや合成樹脂のレジンインレーです。保険適用外となる自費治療における治療は、白く透明感のある審美性を考えたセラミックインレーやハイブリッドセラミックインレーがあります。これらの詰め物の素材は様々ですが、これを治療用のセメントを使用して接着させます。本来セメントが劣化するには、相当な時間が掛かるものです。通常、10年以上劣化は目立たないとされていますが、治療を行ってから10年以内に詰め物や被せ物が取れる場合は、セメントが劣化しただけではなく、他の原因も考えられるでしょう。

虫歯になっている

歯の詰め物や被せ物が取れる原因として考えられることは、歯と詰め物、被せ物の隙間から虫歯菌が侵入し虫歯になってしまったことです。詰め物や被せ物の下に虫歯ができるとセメントが浮いて外れてしまい、結果的に取れてしまいます。

噛み合わせが変化や食いしばったり歯ぎしりをする

噛み合わせが変化や食いしばったり歯ぎしりをする

歯のかみ合わせのバランスが変化することで詰め物や被せ物のセメントに負担がかかり、外れてしまうこともあります。
また、歯を食いしばったり歯ぎしりをする癖のある方は、就寝中に詰め物や被せ物に余計な力がかかりセメント劣化を早めてしまいます。

詰め物・被せ物が取れたら歯科医院へ

詰め物や被せ物が取れてしまったら自分でどうにかしようと瞬間接着剤などを使用して歯を接着してしまう方もいますが、この処置は絶対に行ってはいけません。セメントは水に溶けることはありませんが、接着剤は水に溶ける性質があります。その為、もしもそのようなことをしてしまうと接着剤が溶けて被せ物との間に空洞ができ、そこから虫歯になる可能性が高く、その後の治療に影響を及ぼす危険性が高くなります。
また、接着剤が歯の表面につき治療がうまく進まなかったり、残っている歯の表面に付着していた雑菌を閉じ込めてしまったことで歯の寿命を短くしてしまうことに繋がります。詰め物や被せ物が取れてしまったら、自分でつけ直すことはせずに必ず安岡デンタルを受診しましょう。

 

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ