歯科コラム
歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

タバコを吸ってるとインプラントは長持ちしない?喫煙との関係は?

喫煙者の方でも、インプラント治療によって白い歯を手に入れたという方は大勢いらっしゃるでしょう。しかし、せっかく高額なインプラント治療を行ってもタバコを吸うことでその歯がダメになる可能性が高く、更には喫煙者の方は最悪インプラント治療を受けることさえできなくなるのです。ここでは、インプラント治療とタバコの関係について安岡デンタルが解説していきたいと思います。

インプラント治療の成功率が低下する

インプラント治療の成功率が低下する

喫煙者の方に行うインプラント治療は、成功率が低下する可能性が高いと言われています。
これは、タバコに含まれる一酸化炭素やニコチンによって歯を支えるのに必要な骨が弱ってしまうため、治療を施すことが困難となるからです。仮にインプラント治療が成功したとしても、その後も喫煙を続けることでインプラントの寿命を縮める原因となるのです。
このようなことから、インプラント治療を希望している方はまずは禁煙を行い、健康体を作るため身体を巡る血流を良い状態に戻すことから始めなければなりません。

歯周病をもたらすタバコは危険因子となる

タバコには、癌や歯周病といった病気を引き起こす危険因子となる有害物質が多く含まれています。歯周病が悪化することで歯の歯槽骨が溶けて歯が抜けます。タバコは歯の寿命を縮め、インプラント治療で手に入れた歯までも失う危険性が高いと言えるのです。また、タバコには歯を黄ばませるタールが含まれているので自身の歯の汚れの原因にもなります。キレイで美しい歯でいたい方は、禁煙を試みるべきでしょう。

インプラント治療後は禁煙を

インプラント治療後は禁煙を

インプラント治療を行った後は、2週間ほどで傷は良くなると言われています。その為、その間は必ず禁煙を行う必要があるのです。当然ながらインプラント治療を行う前から禁煙は必須ですが、治療後もそれが続くことを踏まえインプラント治療に臨むようにしてください。インプラント治療を希望しているにも関わらずそれでも禁煙できない方は、禁煙外来で診察を受け禁煙に成功してからインプラント治療を始めましょう。そうしなければ、高額な治療費がもったいない結果を生んでしまいますよ。

再手術の可能性

高額な費用を支払いインプラント治療を行ったにも関わらず、喫煙により歯周病となり、それらが原因で歯が抜け落ちることも考えられます。その場合は、再手術となる可能性もあると思ってください。また、2度歯が抜けると再手術不可能となるケースも多いです。どれだけ高額な治療費を支払おうとも歯は再手術によっても再生できないことも理解しておくことが大切です。
尚、インプラント治療は、治療の保証制度を設けているところがほとんどです。それぞれの保証内容や保証年数は歯科医院によって異なる為インプラント治療を検討されている方は、事前に保証内容等の確認を行っておくようにしましょう。

 

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ