診療案内
歯周病治療専門医

歯周病だと糖尿病になりやすく、
糖尿病だと歯周病になりやすい。

歯周病と糖尿病、一見何の関係もないように思えるこのふたつ、実は深い関わりがある疾患です。
歯の治療に来て、「糖尿病じゃないですか?」と指摘される人がいるのをご存知ですか?
実は糖尿病の人の口の中は、
●唾液がネバネバとした粘着質
●歯ぐきがうっ血して黒っぽい
●歯周病の度合いが重症

という特徴があります。
糖尿病は自覚症状がないまま進行していくと言われていますが、実は、お口の中ではその証拠がはっきり見てとれるのです。
最近の研究では、糖尿病が歯周病菌を悪化させ、逆に、歯周病が糖尿病を悪化させるという、歯周病と糖尿病の相互関係が明らかにされています。
さらに、この相互関係は悪い方向にばかり働くのではなく、血糖値が改善されると歯周病の状態も良くなり、歯周病が改善されると糖尿病の状態も良くなるということがわかっています。

歯周病治療専門医

重度の糖尿病だと歯周病の治療(外科手術)やインプラントができない

お口の中で歯周病を引き起こしている細菌が、歯の神経を侵して血液に入り込むことで糖尿病になり、さらに心臓疾患や脳梗塞、腎臓炎、皮膚疾患などさまざまな疾患を引き起こして死に至るケースもあります。
歯周病を改善するには、歯磨き(プラークコントロール)や正しい食生活などの口腔衛生が欠かせません。そして糖尿病の人であれば、血糖コントロールを良好にすることも大事なことです。
そしてもうひとつ、歯周病の人が重度の糖尿病だと問題なのは、出血を伴う治療、例えば麻酔をして歯ぐきを切るような歯周病の治療やインプラント(人工歯根)などの高度歯科治療はできないということ。
血糖値が高いと感染症にかかりやすいやめ、血糖値を下げないことには、こうした高度歯科治療を受けることができないということも心に留めてください。
自分の歯があればこそ、食事や会話を楽しむことができ、また、力強く噛むことが脳へ刺激を与えて身体全体に良い影響を及ぼします。
ですから、歯科受診はもちろん、糖尿病の疑いがある人は内科を受診することが、歯や全身の健康のために大切なのです。

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る