歯に関するよくあるご質問

歯に関するよくあるご質問をご紹介いたします

Q. 唾液検査とは?
A. 例えば病院では血液検査をします。血液検査をしないと、症状の原因が分からず診断や薬の処方ができません。同じように歯科医院でも唾液検査があり、唾液の量、唾液の性質、PH(ペーハー)、口の中の菌の数を調べます。この唾液検査により、患者様ご自身がなぜ虫歯や歯周病になるのかその傾向が分かります。
Q. 前歯はなぜズレて生えてくるのですか? 今後、どのように処置していけばよいですか? 
A. 本来乳歯は永久歯が生えてくることによって、乳歯の根っこを吸収していき自然に抜けます。しかし、その時期になっても乳歯が残ってしまったり、顎の成長・発育が遅くて顎が大きくならず、歯の入るスペースが足らなくなってしまうことが主な原因です。今後の処置としては、上顎・下顎の現在の状態、適切に成長しているかを調べます。また、歯並びがどのようにズレているのかを調べ、検査後その方にあった矯正を始めていきます。
Q. 子供の歯磨きを始める時期と方法について
A. 乳歯が生えてくる頃(生後6ヶ月ぐらい)にガーゼを使って汚れをとることから始まります。生後すぐは口の中に菌がいないので汚れを取ることに固執していくようにする。2歳ぐらいから乳歯列が揃うため、歯ブラシに慣れてもらう意味合いで歯ブラシを使って磨きましょう。
4歳ぐらいまでは、子供に歯ブラシを渡すことは、慣れてもらう事が目的で保護者の方が仕上げ磨きを行うことが大切です。
気を付けるポイントとしては、小さい子供は歯の溝が深く、そこから虫歯になりやすいため、その溝に食べ物がたまらないようにしていくことです。
Q. 歯の治療の際、目を開けていた方が良いか?閉じる方が良いか?
A. 可能性としては低いですが、万一、治療の際に使っている器具が落ちてきたり、使っている薬剤が目に入る恐れも考慮し、目は閉じていた方が良いです。
Q. ホワイトニングとはどんな治療方法?
A. 薬剤を使って、歯の中の色素を落とす治療方法です。症状として歯がしみることがありますが、基本的に歯に対して大きい副作用はあまりありません。歯がしみるなどの症状に対しては、歯医者が処方する薬を塗ること大切です。
Q. インプラントと入れ歯の違いとは?
A. 天然歯は、歯茎に刺さっていると思われがちですが、歯周組織の中の歯槽骨の中に埋まっています。そのため、インプラントも歯槽骨の中に入れていかなければなりません。歯茎の上に乗っているものだと動きそうですが、骨にきっちり正着しているため動くことはありません。
インプラントと入れ歯の違いとは、インプラントは人工歯根であり、元々の歯・歯の根っこから、歯を新しく作ります。つまり歯の代替品というわけです。入れ歯は、歯の無くなっている部分にただ単に歯茎の上に乗せておくものです。
インプラントと入れ歯の違いで重要なことは、咬めることと天然の歯のように使えるかとういうことです。違和感なく元の状況に戻すということがインプラントで、入れ歯は天然の歯ではないため違和感が残ってしまいます。
Q. 妊娠中は虫歯になりやすいですか?
A. 妊娠中は、ホルモンバランスが崩れるため基本的には歯周病になりやすいといわれています。妊娠性歯周炎という病気があるほど、歯周病になりやすいです。女性ホルモンがのバランスが崩れることによって、口腔内の歯茎が腫れて出血しやすくなったり、ちょっとしたことで歯茎から血が出たり、腫れやすくなったりします。いつも通りの歯ブラシでも歯茎が腫れてきたりします。
虫歯になりやすくなる主な原因としては、歯ブラシをして歯茎から出血してしまい、歯ブラシが雑になってしまい、歯に汚れがたまってしまうことが挙げられます。また、つわりによって胃酸が口腔内に滞留し、歯のエナメル質の部分を溶かしてしまい、その溶けた部分から虫歯になりやすいと考えられます。
Q. むし歯は感染しますか?
A. むし歯も歯周病も感染します。対策としては、口腔内の細菌のコントロールをすること。保険治療内で口腔内のむし歯を無くすことや歯周病菌を減らすことによって感染率が下がります。
Q. 歯の治療によって顔は左右対称になるのですか?
A. 人間は目の位置や耳の位置などが左右で多少ずれているため、左右対称にはなりません。ぱっと見た時に、左右対称に見えるようになるためには、歯のずれ、笑った時に歯の真ん中の線がずれている、などは矯正をおこなって治します。顔に関しては言えば、左右の頬の大きさ違うのはえらに原因があるが、そのえらの形もかみ合わせによって変わってきます。
えらがついているところには咬筋という筋肉がついているが、えらのところには咬筋の付着部位がある。噛み合わせが強くて、歯ぎしりをしていると咬筋が大きくなります。また、えらについている咬筋の付着部分を引っ張って、えらも大きくなります。
Q. 虫歯かどうかの判断や治療方法に関しては、医院や医師によって変わりますか?
A. 医院によって初期の虫歯はフッ素を塗って様子を見るところもあれば、小さな虫歯でもちゃんと治していく医院もある。設定基準は、国から決められているものではないため、それぞれの歯医者が患者様にどんな治療を届けた方がよいかとういことが判断基準になっているため、医院や医師によって治療の判断は変わってきます。
Q. 付け八重歯ティーシーズとは?
A. 歯を削らずに歯に歯を貼るものでネイルのようなもの。貼る歯に関しては、陶器のものではなくハイブリッドレジンの歯を貼ります。特徴としては、歯を削らない。元に戻すには外せばよいが、つける際に歯を表面処理して酸処理してボンドでくっつかせるので、外しても完全に元の状態に戻るものではない。また、ハイブリッドレジンは陶器とくらべ強度がないため貼る際には厚みがでてしまうことがある。などが挙げられます。
Q. 前歯はなぜズレて生えてくるのですか? 今後、どのように処置していけばよいですか? 
A. 本来乳歯は永久歯が生えてくることによって、乳歯の根っこを吸収していき自然に抜けます。しかし、その時期になっても乳歯が残ってしまったり、顎の成長・発育が遅くて顎が大きくならず、歯の入るスペースが足らなくなってしまうことが主な原因です。今後の処置としては、上顎・下顎の現在の状態、適切に成長しているかを調べます。また、歯並びがどのようにズレているのかを調べ、検査後その方にあった矯正を始めていきます。
Q. 歯肉再生療法とはどんな治療?
A. 下がってしまった歯茎をもとに戻す意味合いです。歯茎が下がってしまう理由はいくつかありますが、大概は咬み合せの力によって歯がぐりぐりと動かされ骨が減るからです。
歯周病は、周りの骨が減ることで歯が抜けますので、咬み合せによって歯茎が下がっているのか、歯周病によって下がっているのか、その1本だけ下がっているのか、全体的に下がっているのかで治し方が変わってきます。歯茎を持ち上げるだけの治療方法を昔は行っていたが、現在はプラス歯茎を移植して持ち上げたり、無くなった骨を再生して歯茎を再生させる方法など様々な種類の治療方法があります。
Q. 歯のマニュキアはものを食べたり、歯を磨いたりするとすぐにとれてしまいますか?
効果はどれぐらい持ちますか?
A. はずれにくくするようにコーティングもできます。基本的に歯磨きをしたぐらいでは、コーティングははずれません。効果に関しては長く持つようにもできるかもしれませんが、例えば、黒さを隠すために白くするのであれば、濃い白になるためツルっとした白に対して浮く可能性もあります。ご自身が思い描く白さに持っていけることが大切です。
Q. 繰り返し虫歯になるため、口腔内の悪い状態を打開できる方法はないですか?
A. ただ単に痛みがなくなったら治療終了ではなく、「どこの歯が痛くて、どのような治療をしているのか」を知ることが大切です。また、そもそもなぜ痛くなったのかの原因を歯科医と話しあって追及していくことが大切です。
Q. 歯科カウンセラーの仕事とは?
A. 歯が痛くなった本当の原因を患者様と話し合いをして誘導したり、詳しくお話をお聞きします。「歯が痛い」なぜ痛いのかを厳密に患者様にわかってもらう職業です。歯が痛い理由といっても、虫歯・咬み合せ・歯周病・原因不明など様々あり、患者様がどのようなジャンルで痛くなりやすいのか、診察・診断はできないが情報をしっかり吸収して、ドクターに伝えてより濃い診療につなげることができます。
Q. 3ヶ月に1回定期検診に通っているが、新たに虫歯になったのはなぜですか?
A. 原因を追究しなければ、他のところに虫歯ができます。なぜ虫歯になったのかを知り、口腔内の状況を調べているかどうかが重要です。現在では、唾液検査によって「虫歯のなりやすさ」が分かります。1日の食事をどのようにとっているかや、歯磨きのタイミングなど、かかりつけの歯医者さんとコミュニケーションをとって、1日の生活をどうすれば虫歯のリスクをなるべく減らせるか、が分かってきます。虫歯になった原因も調べずに定期検診だけ行っていれば安心できるというのは間違いです。
Q. 歯科麻酔で気分が悪くなったのはなぜですか?
A. 気持ち悪くなる原因としては、大きく分けて2つあり、1つめは歯科麻酔の麻酔液には薬剤として、血管収縮剤が入っており、心臓がきゅっと引き締められるため。2つめは「怖い、怖い」と思っていると脳神経の10番目の神経である迷走神経によって体を抑制する働きがあり、その働きによって失神する場合もある。
Q. 治療中に歯医者の転院は良いか?
A. 転院しても問題はないが、もし通っている歯医者に疑問点など感じることがあれば、疑問点を聞いて解消していくことが大切です。できれば、1つの歯医者に通って治療していくことが良いですが、聞いても納得がいかないときは転院しても大丈夫です。
Q. 歯の治療中に舌の位置はどうすればよい?
A. 基本的には、力を抜いて動かさない方が良いです。むやみに動かしてしまうと舌の本体の筋肉が出てきてしまい、逆に当たってしまう恐れがあります。筋肉には、血管や神経などがあるため傷つけるとより大きなことになってしまいます。治療中に舌を動かすときは、歯医者さんに具体的に指示をしてもらうようにするとよいでしょう。
Q. 歯磨きのしすぎはだめですか?
A. 歯磨きの意味は、口腔内の食べかすをとること、プラークをとることがメインです。そのため、朝食後、昼食後に歯磨きをするのは良いです。夕食後と夜寝る前では、夕食後に間食をしないなら夕食後に歯磨きをする方が良いです。夜寝る前でも適切な握力である分には問題ありません。強く磨きすぎると歯の負担になるため注意が必要です。
Q. グラついた歯に対して歯磨きをしても良いですか?
A. 歯がグラついているということは、何かの理由で問題がおきているため、まず歯医者に行きましょう。歯医者から適切な情報を受けて、アドバイスをもらった後、どのように磨いていくかを聞いた方が良いです。
Q. 歯ぎしりを改善させるには?
A. 歯ぎしりの原因としては、筋肉が強くて、歯を横に移動したり、顎を横に動かしてギシギシやっているため、それを弱くするために末梢神経系の筋弛緩薬で肩こりの薬を使用する方法もあります。また、咬筋にボトックスを打って部分的に筋肉を壊死させることで筋肉を弱くする方法もあります。
Q. 歯並びを治せば、滑舌や発音が良くなるのでしょうか?
A. タ行、サ行は前歯の裏に舌をつけて話すため、前歯の裏の形によって舌を置く場所が変わるため発音が変わります。前歯の裏にかぶせをして少しの厚みが出るだけで話にくくなったりします。そのため、発音しやすい適正な場所に歯を並べるための矯正やかぶせをおこなうことで滑舌や発音はよくなると思われます。 
Q. 親知らずの抜歯の判断は?
A. 歯の機能としては、咬むことや発音などありますが、親知らずの機能としては咬むことがメインになります。そのため、上下の親知らずがまっすぐに生えておりしっかり咬んでいる状況でしっかり咬めることができれば残しておくメリットがあります。
しかし、斜めに生えている場合、清掃性が悪く健康を害する意味合いから抜いたほうが良いでしょう。また、まっすぐ生えていても歯ブラシの届かない場所に生えているなど、歯磨きができない状態であれば清掃不良になり健康に害するため抜いたほうが良いです。
Q. 歯医者を選ぶポイントは?
A. 技術力はもちろん、対応力、ホスピタリティなど総合力が大切ですが、自分がその通う歯医者や先生が好きかどうかが選ぶポイントになります。日頃の生活習慣に歯医者を入れることで、歯が健康な状況下で歯医者を探して、その歯医者の対応力などをみて自分が気に入った歯医者を探して通うことが大切です。
Q. キシリトールと歯磨きガムは違うものなのでしょうか?歯磨きガムは効果があるのでしょうか?
A. キシリトールガムと歯磨きガムは違うものです。歯医者としての観点からだと、歯磨きガムは糖がはいっていなかったり、汚れを取りやすい成分が入っていると思われるため効果はあると考えます。しかし、合格点の歯磨きの代わりになるほどの効果はないと思われます。歯磨きの効果としては、歯の汚れをとって虫歯になりにくくする虫歯予防と歯茎の際のところを磨いて歯茎をマッサージして歯茎から血が出ないようにするための歯周病予防の効果もありますが、ガムでは歯茎を磨くのはむずかしいため歯磨きの代わりの効果ほどはないと思われます。
キシリトールに関しては、キシリトールは人工糖です。口の中の細菌は糖を取り入れ酸を吐き出し、その酸が歯を溶かして虫歯になりますが、キシリトールを取り込んだ細菌は酸を出さず、活動を抑制するため活動性が下がり虫歯予防になります。
Q. 歯垢ができやすい口腔内の環境、体質、病気はありますか?
A. 歯垢ができやすい状況下は、唾液が少なくなっていている状態で口が乾いている状態に近いと考えられます。歯垢を唾液で洗い流すこともあるし、緩衝能といって唾液にはPH(ペーハー)を口の中の元々のPH(ペーハー)に戻す役割があります。アルカリ性になれば歯垢はつきやすくなるので、唾液はそれを中性に戻す役割があるため、唾液が少なくなると歯垢がつきやすいと考えられます。また、体質や病気に関しては、口腔内乾燥症がいわれますがそれは大きな病気が原因だったり、薬を飲んで唾液が出にくくなることもあるなど多岐にわたるためこれというものは言いにくいと言えます。
Q. 口が乾いていると口臭がなぜきつくなるのでしょうか?
A. 口が乾いている状態だと、唾液の量が少なくなっているため口腔内の細菌や歯垢などの濃度が濃くなっていることが原因の可能性があります。ただ口臭の種類は、口元々の臭い、胃の臭い、歯周病の臭い、歯垢が残って出している臭いなど様々に分けられるため、一つ一つ消していかないとクリアにならなりません。何が原因かはおいている歯医者であれば口臭測定器や唾液検査によって菌の量を調べて菌を減らしていきます。また、唾液検査によって唾液の量を調べていき少なければ、衛生士に相談することが大切です。
Q. ラミネートべニアとは?
A. 歯の表面を薄く削り(0.2mm程度)、そこに0.2mm~0.5mmの陶器を貼りつける方法です。少しのマイナーな歯の形のチェンジやマイナーな歯並びの変更は可能ですが、大きくずれているものに関しては変更できません。
また、効果に関してはプロトコールに沿った治療であればエナメル質内で歯を削り、エナメル質に陶器をはりつけるため約10年程度は効果があると考えられます。しかし、歯並びを変えるために削る場合、エナメル質を超えて象牙質まで削る場合が多く象牙質とラミネートべニアの接着はだいぶと弱くはずれやすいです。はずれた場合、各々歯科医院で保証期間があると思われるので再度やり直すかも含めて貼った歯医者さんに相談する方が良いでしょう。
Q. ホームホワイトニング時に、紅茶やコーヒーを我慢せず着色を防ぐ方法はあるのでしょうか?
A. 早いうちにホームホワイトニングを成功させたいのならば、我慢したほうが良いですが、ホワイトニングのジェルには汚れを浮かび上がらせる作用があるため、紅茶などの茶渋が仮に付着したとしても多少は浮かび上がらせることが可能です。
Q. 料理人の歯の予防はどうしたらよいのでしょうか?また、重曹水でのうがいは効果があるのでしょうか?
A. 重曹水でのうがいは、効果が高いが塩分濃度が濃いため味見のたびに重曹水でうがいをしていくと塩分過多で高血圧や全身疾患になってしまう恐れがあるので、味見をした後に普通の水で口腔内の酸を洗い流してあげることの方が体への負担もなくよりよい方法だと思われます。
Q. 人にはなぜ子供の歯と大人の歯があるのですか?
A. 子供と大人とでは成長によって顎の大きさが全然違いますが、乳歯の段階でもご飯を食べないといけないので歯は必要です。また、大人になっても必要なので、骨格にあった歯が必要になってきます。小さい歯の本数を増やしていくわけにもいかないため、その体にあったかたちで歯が生え変わるのです。
Q. 口を開けた時に時々、顎が鳴ったり、痛かったり、ひどい時は開けられなくなるのですがその原因は何ですか?また、どうしたら治りますか?
A. 原因は基本的には顎関節症です。顎関節症になる原因として考えられるのは、筋肉の不調和。顎の筋肉と咬む筋肉の不調和によって顎関節症になると考えられます。その筋肉の不調和の原因としては歯並びに問題があると思われます。また、たいへきといって片側の歯を偏って使うとそちらにズレてくるため、歯並びが悪くなります。治療には、咬み合せをしっかり考えて治療をおこなう歯医者さんに相談することでしょう。
Q. 親知らずを抜いた後、穴が開いたままで食べ物などが詰まりそうですが大丈夫なのでしょうか?
A. 歯を抜くと基本的に穴が開いて、食べ物などつまってふさぐのを邪魔しそうですが、基本的には穴は上からふさがるのではなく下から上に血がたまってその血が骨や肉になってふさがるので、穴に物がつまっていても排除しながらふさがっていきます。
しかし、不安もあるため、物が入っていない状態の方がきれいに治ると思われます。穴が開いている箇所に関しては、歯磨きの必要はなく消毒できるうがいなどを行い清潔な状態を保っておくこと。また、穴が大きくよく物がつまって気持ち悪いときは歯医者さんにいき、洗浄してもらうこともできます。
Q. 親知らずを抜くことによって小顔効果はあるのでしょうか?
A. 可能性といしては2つあると考えられます。1つ目は、物理的に親知らずを抜くと歯の本数が減り、口の中にある物の体積が減るためその分だけ小さくなる。2つ目は、奥歯で咬むとえらに
Q. フロスのやりすぎで歯茎を傷つけてしまい、そこから歯周病になることはあるのでしょうか?
A. フロスの使い方で歯茎を傷つけてしまうと、そこに傷ができて炎症作用が集まってきて歯周病を広くする場合もあります。また、フロスでとった汚れを傷つけた箇所になすりつけたり、歯茎の中に入れてしまうことで歯周病が大きくなることがあります。そのため、フロスのやりすぎというより、間違ったフロスの使い方によって歯茎を傷つけて歯周病になることがあります。
正しいフロスの使い方としては、まずフロスの使用には2つの意味合いがあるのです。
1つ目は歯と歯がくっついている。コンタクトといく隣接している部分を磨いて虫歯予防すること。2つ目はコンタクト部分より下の部分、歯茎が磨くということ。これが強すぎると歯茎をさしてしまいます。歯と歯の間を抜けてしまえば、歯に沿わしてスッと入れれば歯周ポケットに入り、そこを磨けば歯周病予防になります。2つのやり方、用途が全くちがうため、通っている歯医者さんにやり方を教えてもらうのも良いでしょう。
Q. 歯磨きだけで歯周病の予防はできるのでしょうか?
A. 歯磨きだけで、歯周病予防ができるというと嘘にはなりますが歯磨きがなければ歯周病予防はできません。歯周病は元々よごれだけではなく、口腔内の細菌が原因のため、その細菌を除菌するという意味ではできますがキシリトールガムやロイテリ菌などの材料や薬剤などを使用した方が良いでしょう。
Q. マウスピース矯正はどんな種類があるのでしょうか?
A. 基本的にマウスピース矯正は、業者が違ってもやり方は大きく変わりません。20時間から22時間以上透明なマウスピースをつけてゆっくり動かしていくやり方なので、治りやすいとか治りにくいや治せないなどの適応症がはっきり分かれます。普通の矯正ではワイヤーを使用するため動かせる量が多く動かせます。マウスピース矯正は大体的に動かせることはできません。
マウスピースの種類は、先生が使う業者がどこかに変わりますが、現在一番ポピュラーなのは、インビザラインというのが有名です。
Q. 銀歯やセラミックなどの差し歯はどれぐらい持つのでしょうか?
A. 銀歯やセラミックなどの差し歯は、各々の口腔内の環境によって寿命が変わってきます。銀歯やセラミック事態は虫歯になりませんが、天然歯との界面には虫歯菌が入ってくるので、虫歯になるので、歯磨きのポイントとしては、界面を中心に磨くようにした方が良いでしょう。治療の関係や口腔内の関係によっては、一生に近いほど持つかもしれませんが、口腔内の状態によっては1~2年でだめになってしまう可能性もあります。
Q. ドライマウスとは?
A. 口腔乾燥症のこと。ドライマウスによって唾液の量が減少すると、虫歯や歯周病になりやすくなる。唾液には抗菌作用があり、ドライマウスによって唾液量が減少すると菌が活性化します。ドライマウスには薬の副作用など関係があるため原因を探ることが大切です。
Q. 歯茎のホワイトニングである、ガムピーリングとは?
A. 歯茎の中にあるメラニンなどの色素沈着を焼いてとること。表層の着色層をとって新しい皮膚がはえるということのを何回かこれを繰り返すことによって、昔のピンク色の歯茎に戻ります。
Q. 歯の黄ばみの原因は?
A. 黄ばみの原因としては、外的要因して食べ物の着色料やもともとの食べ物の色がつくこと。黄ばみは歯医者で取ってもらうことができますが、患者様は歯磨き粉の内容を知ることが大切でどの用途で使うものなのかを考えて処方してもらうことが大切です。
Q. 歯ぎしりはなぜ起こるか?
A. 歯ぎしりは歯にとっては、削れたり割れたりなどマイナスなことがあるが、人口の99%以上が何らかの歯ぎしりを行っています。歯ぎしりにも種類があり、武ラインディングという横揺れのもの、クレンチングという噛みしめのもの、タッピングというカチカチするものが代表的なもの。歯ぎしりをすることで精神的なストレスや筋肉のストレスの解放する効果があります。歯ぎしりを起こさないことは精神的に追い詰めることになるのですが、しかし、歯ぎしりによって、歯が壊れたり、顎が壊れたり、筋肉へのダメージへの防御策はもっておくことが大切です。
Q. フロスは歯磨きの前後どちらにしたほうが良いのか?
A. フロスには歯間の汚れをとる虫歯予防と歯周ポケットのプラーク(歯垢など)をとる歯周病予防の2つのパターンがあります。歯周ポケットを磨くときに、口腔内に汚れがあると中に汚れを押し入れてしまう可能性があるため、まず歯磨きをしっかりして口腔内をきれいな状況にした後、フロスをしましょう。
Q. 真っ白な歯が健康なのか?
A. 真っ白な歯というのは、健康のカテゴリーではなく、美しさのカテゴリーに入るため、一般的には真っ白な歯が健康と思われがちだが美しさの意味のみである。健康な歯は、歯並びが良く、歯周病がなく、このまま永続的に保てる良い状況であること。また、元々歯が持っている各々の機能をしっかり有しているなどの長持ちする機能をもっており、咬み合せを維持安定できるすべてのことを網羅している状態であることが健康な歯と考えます。
Q. 歯の移植はどの歯でも可能ですか?また、どれくらいの期間負担がありますか?
A. 余っている歯や使っていない歯を移植するのは可能です。口の中で使っておらず生えている歯は親知らずになるので、親知らずの移植のみ可能です。移植するにも元々の根っこの形が違うため根っこの形に合わせて骨ができる期間を待たなければなりません。また、親知らずの根っこ数が1本なら移植が成功する可能性が高いですが、2本や3本の場合は移植できません。
Q. 虫歯治療の経験のある人の歯ブラシを誤って使用した場合、虫歯はうつるのか?
A. うつるか、うつらないかで言うとうつる可能性はあります。しかし、1度きりの間違いでは、菌が定着するとは考えにくくそこまで神経質にならなくても良いでしょう。
Q. 最近、食事の際に唇を噛むことが多くなったがこれは咬み合せが悪いせいなのか?
A. その人の口の中の状況にもよるが、原因として考えられるのは、歯並びが実際に悪くなっている可能緒性があります。前歯を抜いたままにしておくと歯が欠損部分に倒れこんでくるため倒れこんできた方の咬み合せが低くなり、その状態で咬んでいくと、顎が低くなった方にズレていきます。顎がズレている状態で咬んでいる可能性も考えられます。また逆に前歯が生えてくることによって唇を噛んでしまうこともあります。また、あまり硬いものを噛まず筋肉が弱ってしまった場合や若干太った場合などにはたるんだりして頬をかんでしまうこともあります。咬み合せが良くなれば、唇などを噛みにくくなることはあるでしょう。
Q. 歯のホワイトニング直後は、着色しそうな色の濃い飲食物は避けた方が良いのか?
A. ホワイトニング直後は、歯の表面にあるバリアが少し溶けている状態になっているため、ホワイトニングする前よりも着色しやすくなっています。そのため、1日程度は着色しやすい色の濃い飲食物(カレー、コーヒー、紅茶など)は避けた方が良いでしょう。
Q. ホワイトニングの白さを持続させるためにはどれぐらいの期間で定期的なチェックが必要ですか?
A. ホワイトニングした歯の色が自分が気に入るかどうかがポイントです。ホワイトニングは白い色をどれぐらい持続させるというよりも、自分の気に入った色をどれぐらい持続させられるかに置き換えられるため、自分の歯の色が気に入らなくなったら、再度ホワイトニングを行うと良いでしょう。
Q. 歯医者で歯周病を調べる際に、その調べた深さなどは教えてもらえるのか?
A. 歯周検査になるので、基本的には衛生士から教えてもらえます。言ってもらえない歯医者に関しては、しっかり説明してもらい自分の状態を把握できるように聞いていくことが必要です。
Q. 知覚過敏はなぜおきるのですか?
A. 虫歯があってそれがしみている場合もあります。また虫歯がなくても、治療した箇所に金属の歯が入っていたら、天然歯よりも熱伝導性が高いため、冷たいものを感じやすくなっているためです。また、歯ブラシの力が強かったり、歯ぎしりから歯がグラグラ動いて骨が溶けてしまう咬み合せの病気があり、それにより歯茎の際のところが露出してしみている可能性もあります。
Q. 歯茎の着色はとれるのでしょうか?
A. 着色している歯茎をレーザーで焼いて新しい歯茎になるのを待って再生するガムピーリングという方法があります。また、歯茎が薄い方の場合は、レーザーで焼いてしまうと歯茎を失う可能性があるため歯茎の移植によって着色を隠す方法もあります。
Q. アレルギー体質で治療を断れますか?
A. 現在、歯医者には応召義務があるため基本的には断れません。歯医者に来院することは断れないが、アレルギーによって何かしらの杞憂がある場合(過去に患者様が倒れたなど)、他の歯医者を紹介することはあります。
Q. 口腔内と金属アレルギーの関係を教えてください
A.人によっては、口腔内に入れている銀歯や詰め物によっては金属アレルギーを起こす可能性があります。最近では、銀歯などが原因の金属アレルギーもメジャーになっているため、皮膚科でも金属のパッチテストを行い歯科医院で使っている金属が原因だと判明すると外す必要があります。また、審美治療では、金属がない金属フリーの治療もあり、例えばジルコニアやオールセラミックスクラウンなど金属を使っていない被せが主流になってきています。
Q. 乳歯が黄色い部と白い部分があります。生後11ヶ月でも歯医者の受診が可能でしょうか?
A. 生後11ヶ月でも歯医者の受診は可能です。乳歯の白い部分が普通の白さであれば、黄色い部分は汚れがとれていない可能性があります。
生後11ヶ月では、歯ブラシを使わずにガーゼなどで汚れをとっているため、その汚れがとれておらず、固まっている可能性があります。
Q. 永久歯が斜めに生えてきているが、乳歯は抜ける気配がなく、乳歯が抜けたら永久歯はまっすぐに生えるようになるのでしょうか?
A. 基本的に永久歯は乳歯の根っこの方向から生えてくるため、乳歯の根っこを溶かして生えてきます。永久歯は生える力によって、乳歯の根っこを溶かして乳歯をグラつかせて永久歯と交換する形になり、永久歯が斜めに生えてきているのは、乳歯の根っことは若干違う場所から生えてきている可能性があります。まずは、歯医者に行きレントゲンなどで乳歯の根っこが吸収しているかどうかなどを調べて抜くか抜かないかを判断する必要があります。乳歯が抜けてもまっすぐに生えてくる可能性もあるが、歯並びが悪くなる可能性が高いためそのことも含めて歯医者に相談する必要があります。
Q. 酸性の強い飲み物などを飲むと、歯の表面のエナメル質が溶けてしまう酸触歯とは?
A. 歯は酸でとけてしまいます。虫歯菌で歯に穴があくのも、虫歯菌が何かを食べて、その副産物として酸を出しており、その酸によって歯が溶けます。虫歯菌が原因の酸ではなく、常に酸性の強いものが口の中にあれば、エナメル質が溶けてしまいます。
酸触歯では、口の中の酸が当たる部分全てを溶かしてしまいます。対策としては、食事をダラダラおこなわず口の中にためないこと。また食事後にはうがいを行うことも大切です。
Q. アルツハイマーと歯周病の関係とは?
A. 歯周病菌の副産物としてはっする酪酸がアルツハイマーの原因となります。酪酸は腸内細菌として活動すれば、整腸作用として働きますが、酪酸が吸収されて血管を通って脳に行くと、アルツハイマーの原因となるたんぱく質を出してしまいます。
Q. 季節と歯の痛みは関係ありますか?
A. 歯に関してはそこまで差があるとは思われないが、関係があるとすれば免疫力の差ではないかと思われます。疲れがたまると歯以外の部分に免疫力を使い少しの痛みでも大きく感じてしまうことがあります。また、免疫力が低下することで、炎症を抑えている炎症細胞が疲れている他の部分に使われると歯への効力が失われて炎症がでて痛みがでると考えられます。
Q. マウスピースのお手入れはどうしたら良いですか?
A. 入れ歯洗浄剤の中に入れておいて殺菌をする方法もあります。また、スプレータイプのもので除菌ができるものもあるので、ちゃんと除菌しておいた方が良いでしょう。
Q. 乳犬歯が抜けないがどのようなことが考えられますか?
A. 乳犬歯は基本的には9歳程度で抜けて永久歯が生えてきます。永久歯の犬歯が生えてこないのは、後ろから生えてくる永久歯の犬歯が先天的に欠如している可能性があります。後ろに永久歯がある場合、乳犬歯は抜いたほうがよいが、ない場合乳犬歯をずっと使っていくか、抜いてインプラントにするかなど様々なことが考えられるため、まずは歯医者さんに行って現状を把握するため調べてもらう必要があります。
Q. グラデーションがかったキレイな歯になるにはどうしたら良いでしょうか?
A. ホームホワイトニングをずっと継続して行うと透明感のあるキレイな歯になります。白くなるのは期間は人によって個人差がありますが、やればやるだけ白くなりまた透明感もでてくるので、ホームホワイトニングから始めていくのがおススメです。

Q. フレアアウトはどのような症状ですか?
A. 上の前歯は、通常隙間が空いていませんが、まずこれが隙間があいてすきっ歯のように広がって、前のほうに出っ歯のように倒れこんでいきます。下の歯が上の歯を突き上げて上の歯が広がっていく状態です。それに追従して下の歯も広がっていきます。
一つの要因としては、歯周病が考えられます。歯周病によって骨が溶け歯がグラグラ動き、動きながら前のほうに奥歯から全部倒れていくようになってしまうと、押していくため前歯がすきっ歯で広がっていくのです。
もう一つ考えられるのは、奥歯を治療して治療の途中で歯医者に行かなくなると、噛み合わせが当たっていない状況で放置しておくと奥歯のあたりがないため前歯のみ当たるようになり、前歯のあたりが強くなって広がっていくからです。また、歯を抜いて欠損をそのままにしておいても広がっていってしまいます。

Q. インプラントをしている人は、歯ぎしりをしても歯が欠けたり、折れたりする心配はないのでしょうか?
A. インプラントは骨の中に入っている人工の歯根であるインプラント体をインプラントといいます。それに接続される歯はジルコニアや陶器をまとったジルコニア、陶器をまとった金属など様々な種類があります。ジルコニア単体のものだと欠ける心配はありません。金属単体のものだと割れる心配はないですが、伸びたり、削れたりしてしまいます。陶器をまとったジルコニアや金属のものはまとっている陶器が割れてしまいます。しかし、これは接続している歯のみことであり、歯ぎしりなどによってインプラント体と歯の部分を接続している小さなネジやインプラント体そにものが折れてしまうこともあります。

Q. 歯茎が下がっています。健康的な歯茎に戻すにはどうしたら良いでしょうか?
A. 歯茎が下がっている原因が、歯周病であれば歯周病を治す必要があります。また、歯ぎしりが強い場合、骨が減ってしまい歯茎が下がってしまいます。他には、歯ブラシの圧が強く歯茎に炎症が起こり下がってしまっている可能性もあります。
歯ぎしりが強い場合、マウスピースなどで力を分散させたり、下がってしまった歯茎に歯茎を移植する方法も存在します。歯ブラシの圧が強い場合、適切な圧で歯ブラシを行うようにすると良いでしょう。

Q. 舌が白くなる原因は?
A. 白い部分は舌苔といいます。舌苔は歯についているプラーク(歯垢)が舌にもついている状態です。また、舌は茸状乳頭といってミクロの突起があり、そこにプラークがつきます。唾液量が少ない時に口臭の原因にもなります。対策として舌磨きは行った方が良いですが、適切な力と適切な物を使って行う必要があるため、歯科医院に相談して行っていくべきです。

Q. 熱いものや冷たいものは刺激を感じないが域や風が歯に当たった時に不快に感じることも知覚過敏なのでしょうか?
A. 知覚過敏の可能性が高いと思われます。知覚過敏の症状にも小さい症状から大きな症状まであります。知覚過敏を通り過ぎてしまうと少しの刺激でも激痛になる場合があります。そのような場合、歯の中の神経が興奮しすぎて歯髄炎といって神経をとらないといけない場合もあります。

Q. 乳児が寝る前に母乳を飲んだら、飲む前に歯磨きをしていてもする必要がありますか?
A. 授乳後の歯磨きは再度必要です。なぜなら母乳には糖が入っているため虫歯の原因になるからです。授乳後の歯磨きが難しい場合、ガーゼで拭うのなどの工夫が必要です。授乳後、何もしないでほっておくとランパントカリエスといって虫歯になりにくい箇所も虫歯になってしまい歯が抜けてしまう原因になります。

Q. 歯科医院で撮影したレントゲン写真はもらえるのでしょうか?また、そのレントゲン写真は他の歯科医院でも診てもらえるのでしょうか?
A. 基本的には希望があれば渡すことは可能です。また、他の歯科医院でも診てもらえることが可能ですが、各歯科医院で慣れた器材や材料で診察してもらった方が安心感があるのでもう一度撮影してもらった方が良でしょう。

Q. 毎朝フルーツを食べていると虫歯のリスクは高くなるのでしょうか?
A. 基本的にはフルーツを食べることでリスクが上がるのではなく、食べた後にどうするかが大切です。食べた後に、歯磨きなどを行い口腔内をキレイにして酸を出さず、糖分を落とすことをしていればリスクはそこまで高くならないと考えられます。

Q. ビタミンCをとりすぎると口内炎になりやすいのでしょうか?
A. 基本的にはビタミンBやビタミンCは口内炎になりにくくするものです。また、ビタミンCは水溶性のビタミンのため尿に出ていくため摂りすぎることができません。

Q. 小児歯科矯正を行う医院を選ぶポイントは?
A. 選ぶポイントの一番としては矯正専門医であることがあげられます。次はそのように矯正専門医と提携している歯科医院があげられます。また、現在かかりつけの歯科医院がある場合、そこの歯科医師と相談して自分の状況を分かった上で行く院を決めることも重要になります。

Q. ドライマウスを放置しておくとどうなりますか?
A. ドライマウスを放置しておくと、口腔内の細菌の濃度が増えます。細菌が増えることで、食事をした後に発生する酸の量が多くなるため虫歯になるリスクが高くなります。また、歯周病においても唾液量が少なくなることで細菌を洗い流す力のあった唾液によって歯周病を悪化させなかったのがなくなるため歯周病のリスクが高くなります。また、その状況からそのまま放置しておくと歯がボロッと取れたり、根元から折れてしまうことがあります。
対策方法としては、キシリトール100%のガムを噛んだり、唾液マッサージ、常にペットボトルの水で口腔内を潤せる状況にしておくなど様々な方法がありますが、まず現在の状況をはあくするために歯科医院に相談することが大切です。

Q. 歯茎が以前よりも柔らかくなった気がするが加齢以外の原因が何ですか?
A. 柔らかくなった場所が歯茎の際のなのか、歯から離れている場所なのかにもよるが、柔らかくなっているということは基本的には歯茎が腫れている状態だと考えられます。歯茎が腫れているということは、歯周病・歯周炎の可能性が高く、その歯周病・歯周炎によって歯磨きの際に出血することで細菌増殖の原因にもなります。

Q. 温かいものを飲むと歯がしみるが知覚過敏とは違うのでしょうか?特に詰め物をした部分がしみます
A. “冷たいものと温かいものでしみる場合では病態が違います。冷たいものでしみる場合は知覚過敏や小さな虫歯の原因が高いでしょう。詰め物の部分が特にしみるのも神経をとっている歯なのか、とっていない歯なのかで症状が変わってきます。神経を取っていない場合、歯の中の神経(歯髄)まで虫歯菌が及んでいる可能性があります。そこに熱いものを摂取することで圧が高まり痛みにつながっており、このような場合、不可逆性歯髄炎といって神経をとる必要があるかもしれません。神経をとっていない歯の場合、根っこの先で膿をつくっている可能性があります。膿を作っている場合、その中に内容物があるため熱いものを摂取することでその内圧が高まり内容物が膨張しようとするが骨にくるまれたり、防腐剤でふたをされているため膨張する場所がなく骨に圧がかかってしまい痛みにつながっていると思われます。

Q. 歯茎からの出血の原因はどんなものがありますか?出血した歯茎を放置しておくとどのようになるのでしょうか?
A. 歯茎の出血の原因として強く磨きすぎたための出血では、歯茎を傷つけて磨き続けるとその歯茎がえぐれてきます。また、やりすぎてしまうと歯茎の端の方である歯との際の部分がちぎれてしまいます。磨きすぎによって歯茎の下の部分の骨も炎症を起こして骨も溶けてしまいます。他の原因としては、歯周病での出血があり放置しておくと骨が溶けてしまいます。また、歯の被せ物が歯茎に刺さってしまい出血している可能性もあります。被せ物が歯茎に刺さってしうと炎症を起こして歯周病ではないのに歯周病のような症状がでてしまい骨が減ってしまいます。歯茎の出血では、強く磨きすぎているのか歯茎に異常があるのかなど原因が様々になりますので、かかりつけの歯科医院にしっかりと説明してもらうことが大切になります。
Q. メタルフリー治療とはどんな方を対象にどのような症状を改善させるための治療ですか?
A. 一番の対象は、金属アレルギーに悩んでいる方です。金属アレルギーの方以外では、見た目をきれいにしたいという方が多いです。銀・金でも歯と違う色になってしまうためそれをなくして真っ白にするのもメタルフリー治療の一つになります。金属アレルギーの方は、プラスチック製の樹脂の保険内で治療することも可能ですが、噛み合わせが上手く作用しなくなる可能性も0ではありません。そのため、口腔内の状態によってどのような治療が一番いいのかを歯医者さんと相談することが重要になります。
Q. 食事をしていると、頬の内側を噛んでしまうのですがこれは噛み合わせの問題?顎の問題なのか?
A.噛み合わせと顎のどちらにも原因の可能性があります。噛み合わせの問題では、切端咬合といって上と下の歯がズレて噛んでいるが、上の歯が外側で下の歯が内側にあるが例えば、下の歯のアーチ歯列弓という歯の並びが少し大きい場合ズレて噛まずにぴったりで噛んでしまうことになります。全てがぴったりで噛んでしまう場合、頬の内側を噛みやすくなります。歯並びによって顎がズレてしまっている場合、ズレてしまっている方の頬を噛みやすくなるなどあります。また、歯ぎしりをする方で歯の頭が削れてしまい歯が平らになっている方もいます。そのような方は、歯の高さが低くなっており歯が削れている場合、舌や頬を噛みやすくなります。
Q. 歯の先端が薄くなっている気がします。歯茎の方から先端に向かってグラデーションっぽく見えるのですがこのような方はいらっしゃいますか?
A. 元々が透明感の強い歯の可能性もあります。歯が薄いというわけではなく、歯の切端が本当に透明な方もいらっしゃいます。しかしそうでない場合、歯が薄くなっている可能性があります。歯ぎしりなどをしたら、歯の後ろ側にある色の濃い部分が削れてしまい歯の表面にあるエナメル質のみが残った場合、透明に見えます。
Q. 口を閉じた時に上下の歯はぶつかっていない方がいいですか?口を閉じた時に歯がきっちり噛み合う状態だがあまりよくないことであれば意識して閉じるようにしないといけないですか?
A. 基本的には、口が開いた状況は口腔内が乾燥する状況になります。口がずっと開いた状態のままだと口腔乾燥症になるため虫歯のリスクも高くなり唾液の濃度も濃くなります。唾液による口腔内を洗い流す作用もなくなってきます。そのため口閉じた状態のほうが良いです。その時に、歯が合わせてしまうのはあまりよくありません。基本的な状態では、歯と歯は噛み合っていない状態です。これは安静空隙といって筋肉と筋肉が楽をしている時では、上の歯と下の歯は噛みこまない筋肉を休んでいる状態を作る必要があります。無意識化に上の歯と下の歯を噛みこんでいる方は意識して歯を空ける必要があります。これはトゥースコンタクトハビット(TCH)といって歯と歯を習慣になります。トゥースコンタクトハビットは顎関節症や肩こり、頭痛や排他の原因の一つにもなります。
Q. 将来的に入れ歯を考えているが、きちんとしたものを作ってもらえたとして食いしばりや力の加減などは自分の歯と同じようになるのでしょうか?入れ歯にすることで力の入れ具合などが変わるのでしょうか?
A. 力の入れ具合に関しては変わると考えられます。義歯は粘膜負担になるので、どうしても天然の歯のように骨から直接いってるわけではなく、粘膜による吸着になってしまうのでどうしても骨と比べて力が入らなくなります。約10分の1程度の噛み合わせの力になります。
Q. 顔の歪みが気になっているが、上と下で前歯がズレているので歯並びを治したら顔の歪みもなおるのでしょうか?
A. 歯並びを治すことによって顔の歪みも治る可能性もありますが、基本的には下顎がズレている場合、上顎がズレている場合どちらも考えられますが、多くの場合が下顎がズレています。下顎がズレている場合は、矯正のやり方によっては治りますが顎の状況に治す矯正の方法がありその矯正をするほうが良いのではないか思われます。かかりつけの歯科医院で機能矯正ができるかどうか確認してみてください。
Q. 歯の根元の治療をして膿が溜まっていたらしいが、治療後治療前よりも歯茎が腫れてしまいましたがこのようなことはあるのでしょうか?膿ができってしまうまでこのような状況が続くのでしょうか?
A. このようなことはあります。腫れものにさわるとさらに腫れてしまうことと同じです。なぜ腫れるのかというと先生が根っこの先までしっかり通していると考えられます。根っこの先までしっかり通すことによって膿が出る出口ができるため膿がしっかり出ますが、通している最中に削りカスが膿の中に落ちてしまうためよけいに晴れてしまうことありますが、腫れたあとにはしまっていくのでしっかり膿の出口を作ってもらえていると考えていただければと思います。しかし、出口ができておらず腫れている可能性もあるので抗生剤を飲みながら状況を先生にしっかり聞くことが重要です。
Q. 銀歯の治療をしたのですが、その治療した場所から薬の味がします。これは治療したばかりだからなのか。それともやり直してもらった方がいいのでしょうか?
A. 状況にもよるとは思いますが、やり直してもらった方がいいと考えます。薬の味もどの薬の味なのかを調べる必要があります。根っこの治療をして、土台を入れて被せ物を被せるという3つのことをして銀歯になってきます。例えば、根っこの先の薬の味がしますかと言えば、根っこの先に防腐剤を入れて、土台を入れて上に銀歯を被せているためほとんどその薬の味はしないと考えられます。もしするのであれば歯が割れていて漏れてきているため歯を抜く必要があります。一番考えられることとしては、銀歯のセメントの味ではないかと思われます。銀歯をつけるためのセメントが溶けてきているのではないかと考えられます。もしかしたら適合が悪くセメントの量が多めに必要かもしれないためご相談されたほうが良いと思われます。
Q. 差し歯の治療後、間を空けずに再治療しても大丈夫でしょうか?差し歯の治療した場所が他の歯と見た目も含めて違和感があり気持ち悪いです。
A. 待っても治らないため早めに治したほうが良いです。保険治療の場合だと、治療終了後2年間は再治療が難しくなってきます。保険治療の場合、最初の段階で痛みや違和感があるのであればしっかり伝えなければなりません。一度終了してしまうと同じ歯科医院では保険が通りにくくなってしまいます。まずは、今行かれている歯科医院にご相談されることをお薦めすます。
Q. 昔、治療した詰め物、被せ物をそのままにしておいても大丈夫でしょうか?影響がでるならばどのようなことが起こりますか?
A. 昔の期間がどのぐらいの期間かにもよりますが、保険治療である銀歯になってくると銀歯の寿命で10年はないと思われますが、10年経っても金属のため銀歯自体が賀劣化して壊れることはありません。しかし、銀歯自体が壊れることはありませんが歯と銀歯の間にあるセメントが壊れます。歯と銀歯はセメントでくっつけていますが、長年使用しているとそのセメントが劣化して壊れていきます。セメントが壊れるとその間から虫歯菌がはいってしまい、詰め物の間から虫歯になる2次カリエスができてしまいます。詰め物の間からできるため見た目でが判断しづらく、見た目で分かるときにはすでに虫歯が大きくなっており銀歯が取れたり、歯が欠けることで気づくこともあります。
自費治療では、金歯やセラミックでの治療があります。金は伸びたり、削れたりする延性展性があるため一番長持ちすると言われています。セラミックに関しては硬く、新しい技術であるレジンセメントによって歯としっかりくっつき金属よりもくっつきやすいと言われtいます。そのため、セメントの劣化もしにくくなります。
Q. 治療の途中で歯科医院に通うのをやめて放置しておくとどうなるのでしょうか?
A. 歯科医院へ治療に行かなくても痛みが引いた場合は、治ったわけではなく病原菌が急性症状から慢性症状になっただけで、病原菌はどんどん大きくなっています。痛みが引いたときに、例えば最初の治療で神経を取らないといけない状態で神経をとった場合、痛みを最初に発していたのは神経のため神経をとることで痛みは消えます。しかし、そこには組織との境目があります。神経が根っこの先から骨にくっついており、神経をとることで骨が露出してまいます。露出した骨に様々な蓋をしていく必要があります。基本的に歯は、根っこの治療を完成させて、土台をいれてそして上物を入れるという3つの蓋をすることで、骨に感染しないようにすることが重要です。神経が抜きっぱなしの状態では1つの蓋もない状態のため骨をとかしてしいますので、歯をに抜かないといけない状態になる可能性が高くなります。
Q. 八重歯を抜きたいと思えば、歯医者さんに抜かない方がいいと言われても抜いても大丈夫でしょうか?
A. 抜きたいと思えば、自身の選択で抜いたらいいかと思います。八重歯の利点としては、八重歯の根っこは口の中で一番長く、太いそして根っこの表面積もだいぶと大きく大臼歯並みの広さを持ってるため、全ての歯がダメになっても一番長持ちする歯は八重歯です。そのため、抜く前に歯医者さんと相談して矯正を考えてどのようにすれば八重歯を口腔内にとどめておけるかが重要になります。
Q. 時々歯茎の色が紫っぽい色になるのですが、これは何かの病気の前触れでしょうか?また、紫以外にも歯茎の色が変化することはあるのでしょうか?
A. 歯ぐきが常に紫っぽいのであれば、人によってメラニンが強く歯茎が紫っぽい人もいらっしゃいます。歯ぐきと歯の境目である歯茎の際の部分が紫っぽくなっているのであれば、その部分に血が溜まっていてうっ血している場合は紫色に腫れあがっている場合もあります。
元々、紫色の歯茎に関しては歯茎も漂白ができます。歯ぐきにレーザーで焼いたり、過酸化水素水を塗ることよってかさぶたを作ってとってしまい漂白をする方法があります。腫れあがっている場合には、歯周病・歯肉炎の治療のため歯科医院に行くことが大切です。
Q. 部活で歯をぶつけて、歯科医院で治療もしたのですが最近、色が変わってきたのですが元にもどりませんか?差し歯などになるのでしょうか?
A. おそらく差し歯になると考えられます。打撃で歯をぶつけた際は、割れてしまった歯を治療したとしても中の神経にダメージを負っていること多いです。打った時に治療したから治るのではなく、中の神経が死にかけている状態になってしまい時間が経つにつれて徐々に死んでしまい、血流がなくなって歯の色が変色してしまいます。そのため、早めに神経の治療をして、根っこの治療をして被せていただいた方がいいと思われます。

Q. 気が付くと口が開いており、周りからも指摘されてしまいます。口が開いてしまうのは顎のせいですか?口が開いてしまうのは治るのでしょうか?
A. 口が開いたままだと口が乾いてしまいます。おそらくですが、口呼吸をしているのではないかと考えられます。口呼吸をされている方は、口腔内が乾いてしまうため虫歯や歯周病になるリスクが非常に高くなります。原因に関してですが、まずはお鼻がつまっていないかどうか、鼻呼吸ができないため口呼吸を行っていることがあります。もう一つは、元々の骨格性で口が開いている場合があります。小さい時に指しゃぶりやタオルを噛みっぱなしをやりすぎて口が開いてしまう癖がついている場合があり、このような場合は顎のせいというより噛み合わせに問題があるため矯正治療が必要になることがあります。また、歯並びがきれいな状況で噛んでおりにも関わらず口が開いてしまう場合は、小さいころからあまり顎を使わずに咬筋が弱まってしまいることも考えられます。このような場合は、通常よりも噛む回数を増やすことでトレーニングを行うことができます。様々な方法があるため、原因を除去することで治すことは可能です。
Q. 歯医者が怖くて通うことができません。歯医者への恐怖心をなくしてください。歯医者さんの治療は痛いですよね?
A. 基本的には痛くないです。痛みをとる方法を歯科医師は勉強しています。また、痛い時には素直に痛いと伝えることと痛い時には歯科医師のかたに対処してもらうことを一つづつクリアしていくことが恐怖心をなくなっていくと考えられます。信頼できる歯科医院を見つけることが大切です。
Q. 噛み合わせが悪いと顔が歪むと聞きました。噛み合わせの他に、例えば顔の筋肉量の差もあるのでしょうか?どちらにせよ噛み合わせを治せば歪みは改善されていくのでしょうか?
A. 顔の筋肉量の差は生まれた時はないと考えられます。噛み合わせがズレることによって顔の肌肉量の差も出てきたと思われます。筋肉量の差も治していくという方法で噛み合わせを治していけば歪みも改善していくと思われます。100%改善されるとは言えませんが改善される方向に噛み合わせを治していけば問題ないと思われます。
Q. 治療で詰め物をしたのですが、隣り合う歯が押される感じで痛いんです。歯科医院に言えば再調整してもらえるのでしょうか?それとも外してやりなおしでしょうか?
A. 最初詰め物を入れる時はきついぐらいでいれるが、そのきつさが50μの薄い鉄板が通るぐらいのきつさを目安にいれます。それが通らないぐらい締め付けられている場合だと歯は寄ってしまいます。奥歯の場合だと、奥歯と前歯の綱引きになってしまい前歯の歯並びが悪くなりますのでやり替えが必要になってくると思われます。
Q. 寝起きの口臭が酷いのですが、寝ているときに口が開いているからでしょうか?歯周病の可能性もありますか?
A. 口が空いている場合だと、口腔内の唾液の量が少なくなって口腔内の細菌の濃度が濃くなってしまい口臭の原因になります。口が空いている状態ならまず鼻がつまっていないか診てもらい、鼻呼吸ができる状態か診てもらう必要があります。鼻がつまっていない状況の場合、口輪筋を鍛えたり噛み合わせを治すなどになってきます。歯周病の可能性もあるため、まず歯科医院で鼻がつまっていないかや噛み合わせを診てもらう必要があります。
Q. 妊娠中に銀歯の下に虫歯の疑いがあり、「神経までいっている可能性がある」といわれました。妊娠中は麻酔が使えないので出産まで待とうと思うのですが痛みが出るか心配です。どのような判断をしたらよいでしょうか?
A. 妊娠中でも安定期に入れば麻酔は大丈夫と言われています。しかし、麻酔液に入っている防腐剤や血管収縮剤がお子さんに与える被害は0ではありません。そのため最終的には患者様自身の判断になります。安定期になる前であればお子さんを形作る大切なじきなので余計なものを体に入れない、出産間際になると血管収縮剤が入っているので早産につながってしまいます。

Q. おすすめの歯ブラシはありますか?自分にあった歯ブラシも分かりません。
A. 歯ブラシにも処方箋があり、衛生士の中ではこういう人にはこういう歯ブラシをつかってくださいというものがあります。歯並びや歯の形を衛生士が診てそういった処方箋があります。これは歯ブラシの形になります。歯ブラシの形も大切ですが、デンタルフロスを行うことがより一層大切になります。また、超音波歯ブラシは100%当たっていない箇所もキャビテーション効果で毛先が当たっていなくてもバブル(超音波)で汚れがとれる歯ブラシもあります。
Q. 親知らずを抜くと小顔になることはあるのでしょうか?
A. 親知らずを抜くことで小顔になることはあると思われます。親知らずが奥深くに入っていた場合、治療の際に骨を多く削って抜くため骨を多く削っているのでその周りが減って吸収されるため小顔になることもあります。美容整形ほど骨を削ったり小顔にするために行うことが目的ではありませんが親知らずを抜くことで変わることもあります。
Q. 舌磨きの効果はどれぐらいあるのでしょうか?
A. お口の中の汚れで舌はひだが多くついており、そのひだとひだの間に食べかすなどのプラークが多く詰まっています。しかし、そのプラークがなくなるぐらい舌をしっかり磨いてしまうと舌は炎症を起こして真っ赤に腫れあがってしまいます。そのためやりすぎては絶対にダメである程度汚れを取ることが大切になります。舌の汚れを取るだけでお口の中の臭いが変わってきます。汚れの取り方としては、舌ブラシでおこなうと違和感はなくなるかと思われます。舌ブラシの使い方も歯科医院で教えてもらうことができます。また、小さいお子さんは保護者のかたがガーゼで拭いてあげるのも一つの方法であります。

LINEで送る

Pocket


吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ