診療案内

光機能化インプラント

未開封でもチタンは日々劣化している?!

インプラント材料に使用されているチタンは、たとえ新品未開封でも製造し、出荷した直後から劣化が始まっています。
製造後1週間を経過した以降から骨細胞との接着力が半分以下へと急速に劣化、さらに骨を造るのに必要な細胞を引き寄せる能力が落ちていくことがわかっています。
これはチタンの生物学的老化と呼ばれ、製造直後の新鮮なインプラントを患者様へ提供することが最も望ましいのですが、現在のインプラントでは、工場から出荷する段階で、既に製造から数ヶ月たっている状況ですので、 作られてスグのインプラントを使うことなど限りなく不可能に近い状況です。

インプラント治療をより成功に導く画期的な技術

時間が経ってしまったインプラントに、特殊な光を当てることにより、 表面がキレイになり、工場で作られた新鮮な状態を取り戻せる事がわかりました。現在のインプラントは血液となじみにくい状態であるのに対し、光機能化処理後は、「超血液親性」に変化します。つまりは顎骨に埋入した瞬間からインプラント周囲に血液がなじむと言うことで今までと劇的に違います。

インプラント治療をより成功に導く画期的な技術

光機能化すると何が変わるのか?

時間が経ってしまったインプラントに、特殊な光を当てることにより、 表面がキレイになり、工場で作られた新鮮な状態を取り戻せる事がわかりました。現在のインプラントは血液となじみにくい状態であるのに対し、光機能化処理後は、「超血液親性」に変化します。つまりは顎骨に埋入した瞬間からインプラント周囲に血液がなじむと言うことで今までと劇的に違います。

劣化しているインプラントは、馴染まず、水分をはじいて玉になってしまいます(疎水性)
劣化しているインプラントは、馴染まず、水分をはじいて玉になってしまいます(疎水性)
光機能化を行ったインプラントは、水が自然と馴染んでいきます(親し水性)
光機能化を行ったインプラントは、水が自然と馴染んでいきます(親し水性)
インプラント治療の成功のカギは骨接触率

これまで、インプラントが失敗するかどうかは、使用するインプラントメーカー、そのインプラントの表面形状の違い、術式、術者の熟練度に大きく影響されると考えられてきましたが、実はインプラント体の原料となる「チタン」表面の経時な変化が失敗の問題であるということに着目されました。
通常、インプラントの骨の接着面積は40%~60%程度が限界でしたが、光機能化したインプラントでは、骨接触面積98.2%まで接触(高いレベルでの骨形成)を実現させることに成功しました。接着力が2~3倍、接着スピードが約4倍まで高まります。

インプラント治療の成功のカギは骨接触率

光機能化技術を取り入れ、安心安全なインプラント治療を

この光機能化技術は昨年実用化され、当院もインプラントの成功率を100%に近づけるためにいち早く導入いたしました。 この技術の導入により、常に世界トップレベルのインプラント技術を患者様にご提供することが可能となり、術後の安定と成功率のさらなる向上を実現しました。
インプラント治療のより確実な成功と、最適な治療プランの実現のために、世界最先端の光機能化技術があります。機能を回復し長期的に安定するインプラント治療を提供できるようスタッフ共々日々研鑽しています。

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る