安岡デンタルオフィスについて

iGOシステムと他の矯正方法との違い

iGOシステムはインビザラインを提供しているアライン・テクノロジー社が新しく開発した、軽度の歯並びのずれを治すことを目的としている矯正治療法です。まだ新しい治療法であるため、日本においてはそれほど浸透しておらず、一体他の治療とどのような違いがあるのか疑問に思っている方も多いと思います。他の治療法との違いについて見ていきましょう。

iGOシステムとワイヤー矯正との違い

ワイヤー矯正は通常最も一般的に行われている歯の表面にワイヤーを通して行う矯正治療です。iGOシステムとの違いとして、歯の動かし方の違い、見た目や快適さの違い、体への優しさの違いが挙げられます。

歯の動かし方に違いがある

iGOシステムマウスピース

iGOシステムは透明なプラスチック製のマウスピースを使用し、段階に応じ、マウスピースを交換していくことによって歯をだんだんと動かしていきます。それに対し、ワイヤー矯正は歯の一本一本の表面にブラケットと呼ばれる装置を接着剤でくっつけ、そのブラケットに形状記憶合金のワイヤーを通して、ワイヤーが元の形に戻ろうとする性質を利用して歯並びをだんだんときれいなアーチ型へと整えていきます。この歯の動かし方の違いにより、「歯が動く際の痛み」の程度にも違いが生じてきます。多くの矯正歯科医により、iGOシステムのようなマウスピース矯正の方が痛みが少ない、と報告されています。

見た目、快適さに違いがある

透明なマウスピース

矯正装置の形状による両者の見た目や快適さの違いはとても大きいと言えます。iGOシステムは透明な薄いプラスチックで、非常に目立ちにくく、装置が粘膜に当たって痛みが出ることがありません。また、食事や歯磨きの時には外すことが可能で、非常にストレスフリーな矯正方法だと言えます。
一方、ワイヤー矯正の場合は、矯正装置は目立たないブラケットや白いワイヤーを使って目立ちにくくしたとしても、やはり装置は見え、すぐに気づかれてしまいます。また、装置が歯の一本一本に付いているため、違和感が強く、装置がお口の粘膜を傷つけてしまうことも頻繁に起こります。

体への優しさに違いがある

マウスピースを外し歯ブラシをする女性

iGOシステムは、外して歯磨きをすることができるため、とても衛生的で、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうことがありません。また、金属を一切使用していませんので、金属アレルギーを起こす心配もありません。ワイヤー矯正の場合は、装置が歯についたままになります。装置は複雑な形をしており、歯の表面の汚れを隅々まで落とすにはかなり困難を極め、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。また、ワイヤー矯正では金属を使用するのは避けられないため、どうしても金属アレルギーを起こす可能性というのは出てきてしまいます。

iGOシステムと他のマウスピース矯正との違い

iGOシステムはインビザラインと同様のシステムのマウスピースを使い、歯を動かしていきます。マウスピース矯正には他にも色々なものがありますが、同じマウスピース矯正とは言っても、iGOシステムやインビザラインとその他のマウスピース矯正とでは大きな違いがあります。

型取り方法に違いがある

iGOシステムやインビザラインは、光学スキャナーを当てて歯の形をスキャンするという方法を一回行うだけで型取りは終了です。一方他のマウスピース治療では、ドロドロとした材料でお口の中をいっぱいにするような方法で型取りをするしかありません。しかも歯が動くたびに新しいマウスピースを作るために何度もそのような方法で型取りをしなければなりません。

マウスピースの精度に違いがある

iGOシステムやインビザラインの場合は、光学スキャンして得られた精密な歯型の情報を専用の工場に送信し、そこで3Dプリンターを使い、一寸の狂いもない精度のマウスピースが製作されます。それに対し、他のマウスピース矯正の場合、型取りした材料を石膏模型にし、その模型の上で技工士がマウスピースを手作業で製作します。そのため、型取り材料自体が変形する場合もありますし、技工士の技量によって精度にばらつきが出てしまうという不確実さがどうしてもあります。

治療の予測実現性に違いがある

iGOシステムやインビザラインシステムは、歯型をスキャンして得られたデータを元にコンピューターでクリンチェックと呼ばれるシミュレーションシステムを使って、歯が動いていく様子などを見ながら治療計画を立てていきます。このクリンチェックはすでにインビザラインシステムで治療を受けた患者さん600万人以上ものビッグデータを元にして、症例に応じて歯の動き方をパターン化した結果をもとに予測していきます。それゆえ、非常に正確な治療計画が得られ、「どのように歯が動いていくか」「治療期間がどのくらいかかるのか」というようなことまで予測することが可能で、それは患者さんにとって大きなメリットになります。一方、従来のマウスピース矯正では、そのような最新の技術を使いませんので、歯の動き方や治療の期間というようなものを正確に把握することができません。

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る