安岡デンタルオフィスについて

子どもの歯医者デビュー!小児歯科に行くタイミングとは?

赤ちゃんに歯が生えると、ママたちが悩むのが「どのタイミングで歯医者さんデビューすればいいの?」ということ。
生えたらすぐ行くべきなのか、乳歯が生え揃ったらケアを始めるのか…いつから行ったらいいのか解らないと悩んでいるママへ。歯医者デビューのタイミングや赤ちゃんの歯磨き、歯医者さんでできることなどをご紹介します。

小児歯科へいつからいくべき?

小児歯科へいつからいくべき?

乳歯は「どうせ生え変わるから」と思っていませんか?
口内の細菌数や顎の成長傾向は3歳ごろまでがポイント。その後の虫歯になりやすさや歯並びに関係しているといわれています。乳歯の頃から虫歯になることを予防し、綺麗な状態で永久歯につなぐことは、将来大人になってお口の状態を健康に保つためにとても重要なことなのです。

乳歯が生え始めたら受診しましょう

まず最初に歯科を受診するタイミングは「乳歯が生え始めてすぐ」です。歯が歯茎から顔を出しお口の中に出てきたら、いつ虫歯になってもおかしくない環境にいることになります。生えたての乳歯は歯質が柔らかく、虫歯になると進行も早いのが特徴。虫歯になる前に歯のお手入れ法を歯科衛生士から習ったり、歯科で定期的に管理してもらうことが安心につながります。どんなに遅くても、1歳のお誕生日を迎えるまでには最初の歯科検診を受けましょう。

歯医者を受診すると良いタイミングはある?

乳歯は僅か12年の間に永久歯へ交換を終えます。この短期間で将来健康な歯で過ごせるかどうか決まる、といっても過言ではありません。乳歯が生え永久歯へ移り変わる虫歯になりやすい時期の歯科受診を、虫歯予防のために上手に活用していただければと思います。

■生後半年頃

乳歯は生後6~7か月頃になると、下の真ん中の前歯から生えてきます。表面の歯質が粗造で柔らかく、厚みも永久歯の半分しかありません。虫歯の進行も早いので「歯が生えたな」と思ったらまず受診!と覚えておきましょう

■1歳半から3歳頃

1歳半から3歳頃に奥歯が生え揃います。虫歯は歯と歯茎の境目、歯と歯の間、奥歯が噛み合わさる場所にできやすいとされており、奥歯までしっかり生えるとこの虫歯好発部位の条件が揃います。さらにこの時期は離乳食を完了し、さまざまな食材を食べるようになっており、おやつも始まっています。お子様の自我も芽生え歯磨きや仕上げ磨きを嫌がるなど、虫歯になりやすい条件が整ってしまう時期。歯科医院で虫歯予防を受けたり、正しい歯磨き法を習うなど定期的に検診を受けることをおすすめします。

■6歳から12歳頃

6歳頃になると下の前歯から順に抜け、永久歯に交換し始めます。この時期は乳歯と永久歯が混在しデコボコする場所があったり、永久歯も生えてすぐの歯質は弱く、虫歯になりやすい時期とされています。顎の成長と歯並びが順当にっているのかどうかも併せて歯科で定期検診を受け、必要であれば歯列矯正のタイミングも診てもらいましょう。

小児歯科でできること

「小児歯科」は一般歯科とどう違うのでしょうか?医院ごとに特色や内容に違いはありますが、一般的に小児歯科だからこそ出来ることや、お子様のお口の成長や虫歯予防のために活用できる内容が充実しています。

虫歯の有無チェック

虫歯になりやすい時期だからこそ、定期的に虫歯の有無をチェックし、早期発見・早期治療をおこなうことが大切です。

ブラッシング指導

お子様だけの歯磨きではどうしても磨き残しがち。正しいブラッシング法を学び、効率の良い歯磨きができるようにしましょう。
また、歯磨きを嫌がるお子様や混合歯列期の磨きにくい状態など、お子様の性格や時期ごとに必要性に応じたブラッシングのコツなども教えてもらえますよ。定期的に通うことで、お子様自身の意欲向上にもつながります。

デンタルケアグッズ活用などの相談

歯ブラシや歯磨き粉選びも迷った時には相談できます。また、デンタルフロスの使い方や、矯正中のお子様の歯磨き法やワンタフトブラシなど特殊な歯ブラシの使い方なども、ぜひご相談くださいね。

食事・おやつ指導

お子様の虫歯や歯並びに大きく影響するのが「食事」です。おやつやジュースの選び方など、虫歯になりにくい食べ物の選び方も虫歯予防につながります。
また離乳食にはじまり、食材の工夫や調理法、食べさせ方などは顎やお口周辺の組織、筋肉の発達にも関係します。これらは歯並びにも大きく関係するため、ぜひ相談していただきたいと思います。

フッ素塗布

フッ素は歯質の表面にあるエナメル質に作用し、粗造な歯質にミネラルを摂り込むことによって歯質強化してくれる成分。特に生えてすぐの歯や歯質の薄い乳歯には効果的です。

シーラント予防

虫歯になりやすい場所のひとつ「奥歯の噛み合わせの溝」。小さな歯の細く複雑な形をした溝は、歯ブラシの毛先も届きにくく虫歯になりやすいのです。そこで咬み合わせの溝にシーラントを流し込んで固め、深く切れ込んだ部分を浅くします。これで噛み合わせの溝から侵入し、気づかないうちに広がる虫歯を予防することができるのです。

虫歯治療

残念ながら虫歯が見つかってしまった場合は虫歯の治療もおこないます。小児歯科ではお子様の対応に慣れたスタッフが対応にあたりますし、治療に必要な機械や器具もお子様に合わせた道具を揃えているため、安心してお子様が治療を受ける事ができますよ。

小児歯科へ連れて行く前にするべきポイント

小児歯科へ連れて行く前にするべきポイント

大人でも「歯医者=行きたくない」という人は多いものです。お子様が歯医者嫌いにならないように、小児歯科を受診する前にするべき対応としてのポイントをご紹介します。ぜひ受診前に試してみてくださいね。

お子さまに合った小児歯科を選びましょう

お子様は小さな胸で、たくさんの不安を抱えて受診します。特に第一印象は大切!お子様が落ち着ける雰囲気や楽しく来院できる歯科医院を選びましょう。最近ではホームページも充実している歯科医院も増え、検索によって来院予約する前に歯科医院の特色や内部の雰囲気を知る事ができます。また、スタッフ紹介やお子様への対応など、お子様の相性に合う医院かどうか検討できる情報も豊富ですので、ぜひ活用してくださいね。

小児歯科に対してポジティブになれる印象づけを!

普段から「イタズラしたら歯医者さんに行くよ!」や「歯医者さんに注射してもらおうね」など、歯科医院を悪者にするような声かけはNG!受診前から「歯医者さんでお口を綺麗にしてもらおうね」や「歯医者さんはバイキンマンをやっつけてくれる正義の味方だよ」など、ポジティブな印象付けをしてあげてくださいね。

理解できる年齢のお子様には小児歯科に通うメリットを伝えましょう

小児歯科に定期的に通うのは、単に虫歯予防のためだけではありません。普段からお子様に「歯が元気だとずっとご飯がおいしく食べられるんだよ」といったように、歯科受診と定期検診のメリットを日常的に自然とお話ししてあげてください。歯医者さんは「健康な大人になるために行く」ということが動機づけられれば、自分の健康に興味を持ち、通院や治療に積極的になってくれることでしょう。

来院時、お子様に安心感や頑張れる動機を与える工夫を

普段からごっこ遊びに「歯医者さんごっこ」を取り入れて親子で遊んだりするのも、歯科への恐怖心を払拭することにつながります。また、来院時にはお子さまのお気に入りのぬいぐるみなどを一緒に持たせてあげたり、「頑張ったら公園に行こうね」など、ご褒美を決めておくのもよいですね。

まとめ

小児歯科に行き始める最初のタイミングはまず「歯が生えてすぐ」です。その後は歯が生え、永久歯に交換する過程やお口の変化に応じて適切な時期も押さえながら、定期的に検診を受けることをお勧めします。通院をとおして、虫歯予防や歯並びチェックだけでなく、自分の健康にも興味を持った、意識の高いお子様に成長するためのキッカケにもなるでしょう。

吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、技術や治療機器、滅菌など患者さんに寄り添った治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

オンライン診療予約

キッズルームオープン

スタッフブログ
ブログ
2019.01.7
顎の再生

歯に関するよくあるご質問

安岡デンタルオフィスのスタッフ募集

吹田市歯科健康診査

休日や夜間に急に歯がお痛みの方へ

西宮ストークス公式スポンサー

歯科医院専売モンダミンプロケア

質問コーナー
ご予約・お問い合わせ電話番号
^ ページの先頭へ

ネット予約

電話をかける
LINEに送る
LINEに送る